FC2ブログ

チタ婆の思ひ出

先日の5月23日の土曜日にミニチュアダックスのチタが他界しました。多分19歳の大往生です。

以前はゴールデンレトリバーのジンボとミニチュアダックスのナルの2匹を飼っていたのだが、2010年にジンボが亡くなってからナルは一人になってふさぎ込んでいたので可哀想だなと思っていたところにヒューマンソサエティ(保健所のようなところ)がミニチュアダックスの引き取り手を探しているとの記事を見つけた。見にいったところ、ナルと同じ種類、同じ色のチタがいた。虐待を受けていたようで皮膚はところどころ剥げていて、人間にはなつかずいつも震えていた。7歳と聞いていたのだが獣医さんに健康チェックに連れて行くとたまたまその獣医さんがこの犬を知っていて「この犬はゴダイバ(日本ではゴディバと呼ぶチョコレート)という名前で少なくとも10歳にはなってるよ」とのこと。2011年のことです。

我が家にアダプトした初期の頃にはガレージの空いた時とかドアの空いた時には脱兎のごとく飛び出してその度に探し出すのに一苦労した。男(私)は怖がって慣れないので可愛げがない。「全くtita(ハワイ語でシスター)じゃなくてtutu (ハワイ語でおばあさん)だよな。ナルだってこんな婆さんヤダよなー。家出したけりゃしちまえ」とよく憎まれ口を聞いていた。

中期にはやっと脱走癖も収まり全身体毛も生えてきてベタっとしていた感触もなくなり健康的になりやっと私にも慣れてきた。海に連れて行くと砂を掘るのが好きだった。ナルもその穴を一緒に掘るのだが彼の方はすぐに飽きてしまい遊ぼう遊ぼうとクルクル走り出してしまうがチタはひたすら砂を掘っていたなあ。

そして臆病な性格なのですぐに人や大きい犬にギャンギャン吠え困った。子供が寄ってきて「撫でて良い?」と聞かれると(アメリカは子供達も礼儀正しくCan I pet your dog?とちゃんと聞いてきます)「こっち(ナル)の犬は良いけどこっち(チタ)は知らないよ」というとオーといってナルだけ撫でてサンキューといって帰っていきます。

ナルが脳腫瘍で亡くなった後はチタの天下。老犬になりシモの世話が大変でカナは毎晩夜中に1〜2度起こされおしっこシートを新しくしてました。我々が旅行に行くときは友人たちを当たり泊まり込みで世話をしてもらいました。我が家に遊びにきておしっこやウンコを踏んだ人も少なくない。なるべくマメに掃除をしているもののそれでも見過ごす時がある。岡崎友子がトイレに入ったら「ギャアー」と叫ぶのでみんなで大笑い。はいウンコ踏みました。松戸のタカくんは家から四つん這いで外のBBQまで出てきたので「踏んだの?」と聞くと「はい」といって外のホースで一所懸命洗ってましたね。ヨシエやポチが来ると超かわいがり撫でまくるのでその場で毎度のうれション。

ある日こんな事もあった。我が家の廊下を何往復も全速力で走り回ってパタッと倒れた。息子になんかやったか?と聞くと知らないと言う。そして「あっ!」といって部屋に戻ると「誕生日にもらったマリファナクッキーが全部無くなってる」と。びっくりして獣医に電話するとよくあることだから心配しないで大丈夫といわれたがその時チーちゃんは24時間くらい眠ってましたね。  

こうやって思い出すとかなり笑わせてもらったけどどこまでも女子な犬でしたね。

後期にはオシメをしてお漏らし被害もなくなりましたが、どうやらボケてしまったようで今度はひたすら家のコーナーや暗い場所を目指して行くようになりました。部屋の角にピタッとくっついてる姿を見て悪いけどよく笑っちゃいました。犬の認知症を調べてみるとまさしくそういう行動をするそうです。そして後ろ足はほとんど使えなくなり前足2本でホンダシビックのように前輪駆動で家の中をけっこう動き回ってました。どうやらオシメがよく滑るので調子良いみたいです。それでも時々4本足で立ち上がってフラフラ歩くと「ヒロさんチーちゃんドリフトしてますよー」とてっペーちゃんに笑われたりね。

ご飯を食べなくなって2日後にはそろそろ危ないと子供達に連絡すると二人ともすっ飛んで会いにきてくれました。その2日後にカナの腕の中で安らかに昇天。チーちゃんのお気に入りのベッドの上に家の白いプルメリアの花びらを敷きつめてその上に寝かせました。コーノも赤いプルメリアを持ってきて一緒に涙を流してくれました。ミホとソウコちゃんも素敵なお花を持ってお別れに来てくれました。

IMG_4131 2


お墓は部屋からよく見える場所にみんなで穴を掘り手放せなかったナルとジンボの遺灰をまきその上にチタを横たえました。移植したバナナの苗の横です。海から拾ってきた白い石で囲い小さな墓標も作りました。娘がピカケの木と色々な花を買ってきて周りに植えました。アヤちゃんがレイを作って持ってきてくれました。

IMG_7911.jpg

IMG_4576.jpg


天命を全うした18歳のチーちゃんは今頃ジンボとナルと一緒に遊んでるかな?お前ら犬たちは相変わらずうるさいねーと横でボスのラジャ(20歳で亡くなった猫)がクールに見つめたりしてね。

生前お世話になったみんな本当にありがとうございました。マウイにきたらビールでも飲みながらチーちゃんの笑い話でもしましょうね。
スポンサーサイト



もう少し良い日常

前回のブログから10日間ほど経っていてマウイ島のビーチは再びビーチウォークが可能になり、2日前くらいからいくつかのビーチパークやゴルフ場もオープンし徐々に解放に向かっている感はある。

ハワイ州の自粛要請が一ヶ月伸び、今月の終わりまでとなったが、なんだか終わっちゃうのが寂しいような気がする。キヘイからワイレアまでビーチ沿いをずっと歩くと、世界でも屈指の美しいビーチリゾートを独り占め感があり贅沢なもんだ。ゴミひとつ落ちてない砂浜はどこまでも白く、カニが掘った穴がポツポツとある中を裸足で歩くと、自分の足跡を波がザーッと消していく。たまにすれ違うカップルは余裕のアリそうな年配の白人カップルばかり。多分みんな人生で成功を収めリタイヤしてマウイの海沿いに住んでいるのだろう。彼らもツーリストの消えたこの状況を楽しんでいるに違いない。




自粛期間中は色々やりました。M嬢が捨てようとしていたレンガを貰い花壇のディバイダーにした。one man's trash is another man's treasure、誰かのゴミは誰かの宝というわけだ。100ドル分ほどの土を買いコンポースト(肥料)と混ぜ、小さな畑も作った。クラで野菜の苗を買いレタスやトマト、パセリ、シソなどを植えたが、すぐに虫に葉っぱをかじられるので、PVCパイプと網戸の網で4面を囲ったが果たしてどうなるものか。

そして月曜日だけダイエットと禁酒も始めた。73キロあった体重は今では70キロ前後をフラフラしているので、面白くなって少し走ったり自転車に乗ったりして60キロ台を目指している。週一の禁酒の方はビールがわりの炭酸にレモンを入れガブガブ飲んで頑張っている。

相変わらず波乗りは毎日のようにしている。日本では自粛モードで大変らしいが、こっちでは運動は必要と海のスポーツは公に認められているので、ストレスなく自粛生活ができる。ただし時間が有り余ってるこの機会にサーフィンを習う人が増えているので波の小さい日は良いが今朝のようにムネカタの波が来るとルールを知らない初心者くんのボードがポンポン飛んでいてこわいこわい。君子危うきに近寄らずと奥のポイントに行くといつもの仲間はみんなそこに集まっている笑。以前海に入っている地元の人はほとんど顔見知りだったが今は7割の人は知らない。波の優しいコーブパークにマウイ中のファミリーがサーフィンを習いにきてるんじゃなかろうかと思うほどだ。

2月後半から収入が途絶え、失業保険もまだ下りない状況で家と車のローンを待ってもらっているが一体いつまでこの状況は続くのだろう。マリンアクティビティの仕事をしている私、コンドの予約代行をしている妻、ワイレアのホテルで働く娘、サーフインストラクターの息子、見事に四人全員がもう二ヶ月以上失業状態だ。日本ならこれで無理心中とかなりそうだが、実は毎日好きなことをやっていて全然悲壮ではない。4月20日の息子の30歳の誕生日には久しぶりに家族で一緒にサーフィンしようと集合をかけたのだが(海の中だけが一緒に集まれるので)、あいにくその日は波がやや大きくなり慎重な娘は欠席。家族三人で一緒の波に乗って記念写真を撮った。

IMG_3727.jpg


グッドニュースは子供達二人に最近になってやっと失業保険が振り込まれたこと。もう一つは5月7日の昨日は数ヶ月ぶりにハワイ州にコロナ感染者が一人も出なかったこと。徐々に小売店やサーフショップなどもオープンするらしく、いつものマウイにゆっくりと戻っていくのだろうが、やや寂しいと思ってるのは私だけではないだろう。

普段の生活に戻らしてあげるから、もっと地球環境に優しいスローライフにしていきなさいよとコロナくんが言ってるようだ。目指すはもう少し良い日常、BETTER NORMALでしょ。(この英語はTomokoから聞きました)

PS 今失業保険のステータスをチェックしたらようやく我々もプルーフされたらしいので数日後には入りそうだ。その節はカニをムシャムシャ食ってやる。







さみだれ五月よ 来るがよい

人に会うのも外に出るのも自粛を始めて約一ヶ月になる。まあ飲み屋もメシ屋もやってないのだから行く場所もない。吉田拓郎が1曲しか入っていない韓国人のカラオケ屋なんて行かなくていいしパチンコ屋もネーちゃんのいる店ももともとあまり好きじゃないしな。仲の良い友人達と会えないのは残念だがそのくらいの我慢はできる。

こうなると自分のスケジュールもだいたい決まってくるもので、朝は6時30分からキクTVの日本のニュースを見て可愛いフジTVのアナウンサー加藤さんの笑顔で目覚める。「風間さーん」といきなりふるのが面白い。そして今日のワンコを見てから7時30分頃に近所の海をちょろっと見にいってそのコンデションで遊び道具を決めている。波があればSUP、波が小さければカヌー、全くなければスノーケル、透明度が悪そうなら自転車と遊び道具ならたくさん持っている。サーフィンは肩が痛くてプローンパドルができないので長い間やっていないが学校がないこの時期近所の海は子供達で混んでいるのでできてもあのラインアップには加わらないだろう。

先日海が良くない日にキヘイからワイレアのホテル前のビーチまでずっと歩いてみた。人のいない美しいビーチで裸足で少し走ってみたのだが2年前に腰を痛めてから初めて、ゆっくりだが少しずづ走れるようになってきたことが嬉しかった。
ツーリストがいなくなって一ヶ月経ったマウイは空も海もキレイになりビーチの上で亀がのんびりくつろいでいる。ツーリストが多い時にはほとんど見られなかった光景だ。

道路は日中からガラガラでたまに見るトラックは庭師かサーファーが多い。ガラガラの道路には以前に比べ自転車が増え、自転車屋が儲かっているらしい。面白いのは以前はドロップハンドルの高級そうなレースタイプの自転車が多かったのに(自転車好きなツーリストがマイバイスクルを持ち込むのだろう)、今では私のように買い物カゴ付きの自転車をビーサンでタラタラ漕いでいる人の姿が増えたことだ。やっと時代が追いついたぜ。(違うか)


と、ここまで書いてから数日経っているのだが、なんとハワイ州知事の命令で昨日からビーチを歩くことも禁止されてしまった。サーフィンとか水泳に海まで横切るのは良いがビーチウォークは禁止らしく、昨日もカヌーでビーチパーク沿いを漕いでいると三輪バギーに乗った警察がビーチにいる人々に警告を与えていた。先ほど見たニュースではオアフ島のwaimanaloの住民がFBライブで隠れてビーチで遊んでいる人たちを直撃、糾弾していたがこういう問題があるのでビーチを一切禁止にしたのだろうが、マウイやカウアイ、ビッグアイランドなどではそれぞれ状況が違う。人口の多いオアフ島の問題をハワイ全部に適用させるのは乱暴だ。各島の郡長に決めさせるべきだ。

その件でマウイ郡長マイク・ビクトリーノはハワイ州知事イゲに抗議文を送ったらしい。私もサインしたが民間からもビーチを歩くの禁止法案の撤廃を求めてあっという間に1万人くらい集まっている。


というわけでマウイの今の状況は陸はガラガラだが、海の中は以前にも増して混んでいる。こうなったら誰かが言ったように年齢別に海に入れる曜日を決めるのは良いかもしれないな。そうなったら僕の入れる日はジーサン、バーサンばかりになっちまうけどな。ちっ!
canoezerot.jpg

そういえば前回のブログで紹介した教訓1を杏が歌って日本で脚光を浴びてますね。
故加川良さんもあの世で喜んでいることでしょう。

お国は俺たち死んだとて、ずっと後まで残りますよね。

マウイ島はロックダウンされているので他所から到着した人はパブリックに出る前に2週間の自宅待機を要請されている。ツーリストは以前に比べると全く少ないのだが、それでもちょろちょろと見かけないこともない。ローカルと服装も態度も違うのですぐにわかるのだが、そういう人たちはなにかしらの用があってマウイに来ているのだろうと解釈することにしている。マウイに別荘があって避難しにきている人もいるだろう。自分もNY在住でもしマウイに別荘があるのなら来ちゃうかもなー。海コジキにはありえない話なので想像も難しいけど。

先日波待ちしていると、インサイドからいかにもツーリストの若者白人が4人ほどでパドルアウトしてきた。それを見ていたピークで波待ちしているローカル女子が「彼らは絶対ツーリストだし、2週間自宅待機もしてないからここに来る資格はない」と憤慨しながら周りのみんなを煽っていたが、憶測で物事を言ってはいけない。その雰囲気を察して彼らは違うブレークにパドルしていったが少し可哀想だった。

そしてこんなこともあった。オロワルというサーフスポットで止めてある車の窓に貼ってあるレンタカー会社の書いてあるステッカーを写真に撮り、彼らはツーリストなのに自宅待機もせずにここでサーフィンをしているというサーフコミュニティウエブへの投稿。「ローカルが車が壊れてレンタカーを借りているかもしれないじゃないか」とコメントが来ると「サーフィンが上手くないからツーリストに違いない」ときた。「サーフィンが上手くないとみんなツーリストなのか?人のことは気にしないで自分のことを気にしろ(mind your own business )」真っ当なコメントをされていたが、全く魔女裁判じゃないんだからネガティブパワーで周りのみんなを煽るのはやめよう。私が実際に耳にしただけでこれだけあるのでこんな誹謗中傷は世界中いろんな場所で起こっているのだろう。

日本のサーフコミュニティもほぼ自粛ということだが、こうなると「あいつ、自粛なのにサーフィンしてやがる」とか「あのポイントが自粛だからよそ者なのにこっちのポイントにきやがって」とかの問題も起きるだろう。それより何より毎日海とともに生活してきた人が海に行けなくなることによるストレスを心配している。健康な精神は健康な肉体から。僕も海に入らない日は自転車に乗ったり、歩いたりして気分を上げている。どうしても部屋にいてTVのニュースばかり見ていると気が滅入ってくるからこれも1日1時間とかに決めておいた方が良いかも。

私が妻と毎日海に行ってるのは近所の人はみんな知っていてニコニコ挨拶をしてくれるが、果たして日本でこんなカップルがいたら噂の種になってしまうんじゃ無いだろうか。世界中がピリピリしている今、ちょっと変なことをするとみんなに弾劾されそうで怖い。

戦争中の日本も「戦争は嫌いだ、行きたくない」などと言えない空気だったのだろうね。「お国のため」という殺し文句で一体何人の若い命が失われていったのか。いつの時代にも自分で考え正しいと思ったことを堂々と行動できる世の中でありたい。


中学3年の頃に聞き大いに感化された加川良さんの教訓1、まだ聞いていない人がいたらぜひご一聴。






Stay, just a little bit longer.

ハワイは他所からの出入りをロックダウンしてStay Homeと外出禁止令を出してからほぼ2週間を迎えている。最初の方はみんなわりと余裕な感じで10人以下ならOKだよねと仲間と麻雀をやったり、音楽の集いをしたりして出歩かないように過ごしていたのだが日々患者が増え続ける最近ではさすがに自宅で友達と会ったり飲んだりするのもあまりよろしくはないのではないかと自重するようになり、妻と二人だけの生活を続けている。近所に住む息子と娘も我が家には来ず、時々アマゾンから荷物が届くと「いまから行くからマスクして」と連絡が来て娘などはマスクに手袋までして完璧防御体制で我が家に来てさっと用を済ませ帰っていく。

どうもこの目に見えない新型コロナウイルスの捉え方が子供達は私よりずっとシリアスに受け止めているようだ。多分万が一年寄りの両親に移したら死んじゃうくらい考えているのだろう。俺自身はコロナにかかっても復活する気まんまんなのだが、子供にとっちゃ63歳は立派な年寄りだもんね。

マウイ島の人口は約14万4千人、そのうちコロナ患者は4月5日現在で43人と決して多くはないが、ちゃんとした病院はマウイメモリアルホスピタルの一件しかないのはみんな分かっているので医療崩壊が起きないように慎重に行動しているのが感じられる。

先日もロックダウンしてから初めてコストコに行ったのだが、我々は以前日本の友人からいただいたマスクをしていったが、他の人達も何かしらマスクがわりのようなものを口に巻いて人に迷惑をかけないようにしようという気持ちが伝わった。効果のほどはともかく全身泥だらけの労働者風な若者もTシャツを口と鼻に巻き人との距離を気にしながら歩いていて好ましかった。

コストコ内部も入場者調整をしているのと多くの観光客がいないので割と空いていて、これならクプナアワー(シニア時間)の朝8時から9時の間に行く必要はまるでない。私は60歳以上なのでクプナアワーに行ける特権があるのだが、みんなからいろんなものを頼まれるところだったのでちょっとホッとしている。笑

麻雀も音楽の集いも自粛している我が家の1日は、私の場合SUPかカヌーをトラックに積み込み近所の海に薄明るくなった6時半頃に行く。ビーチパークは閉まっていてもボードを持って通過することは許されているようだ。早朝は車はどこかしらに停められる場所があるものでそれほど困らない。海では以前見たこともないような人たちがスポンジボードを持ちサーフィンの練習をしているのでこの騒ぎの後にはきっとコロナサーファーが生まれていることだろう。妻は自由な時間に自由なポイントに行くのであまり行動は知らない。たまに海で発見するが私は1時間もやれば満足なのに彼女は2時間くらい遊びたい人なので一緒に行動しない方が良いのだ。

このロックダウン騒ぎで「ずっと旦那と子供が家にいて嫌になる」とイラついている女子たちも多いようでM嬢などは旦那が動かずずっと飲んでいるので、もう我が家はコロナ離婚ですと鼻息も荒い。統計によると酒の売り上げが40%くらい上がっているようで、この自粛が解けたらコロナデブ、コロナアル中も増えているに違いない。人のことは言えない。我が家も先日ワインボトル4本入るという箱ワインを4箱と発売中止になるコロナビールを60本、大きなスコッチウイスキーを一瓶買ってきたのだが順調に消費している。

このブログを書いているまさにいま、マウイでもコロナによる初の死者が出たとマウイ郡長から発表があった。もう対岸の火事ではないのだ。日本もいよいよ明日から首都近辺に緊急事態宣言を出すようだ。日本のニュースでパチンコ屋やカラオケやナイトクラブなどが開いているのを呆れた気持ちで見ていたのだが、ようやく若者たちも「これはヤバイかも」と少しは真剣に受け止めてくれることだろう。

あいかわらずTVやSNSでは滅入るようなニュースばかりなのだが夕方に外を覗くとほぼ毎日美しい夕焼けが見えます。
今はもう少し我慢の時のようです。

IMG_5359.jpg

STAY SAFE !





お風呂に入ると老人はとても熱いのを好むのです。

世間はコロナウイルスで大騒ぎ。マウイのように隔離された島は感染者が0なのだから他所から人が入らなければ問題はないはずなのに、ハワイ州知事のイゲさんが「これから30日間はなるべくハワイに来ないようにしてね」などと腰抜けの声明を出すから、普段よりは20%くらいはキャンセルが出たが、それでも毎日のようにアメリカ本土からくる飛行機から多くの旅行者が訪れ、私の住むサウスマウイのビーチを歩くと白人ツーリストのオンパレードだ。ワイルクやハイクのローカルばかりのところにいては居心地が悪いが観光客が多いキヘイやワイレアだと楽なのだろう。気持ちはわかる。

体裁ばかりの腰抜け政策をイゲ知事が取ったものだから、過激なマウイ住民が空港のそばの道路に集まり「そのまま帰れ」とか「MAUI IS CLOSED」とかの強烈なプラカードを掲げていた。夢を持ってマウイに来た人にはかわいそうだが、このくらい派手にやってSNSやメディアに騒がれた方が彼らの意図は伝わりやすいだろう。

ハワイの医者連盟がこのまま空港を閉じずに外の人を受け入れていると大変なことになると政府に直接訴えたのが効いたのか今日は新しい声明がいろいろ発表され「最低15日以上滞在しない旅行者はハワイに入れない。15日以上滞在する人も初めの2週間は自宅で隔離状態で過ごす」という条件になった。

マウイにはちゃんとした病院が一つだけしかなくベッド数も少ない。我々住民にウイルスが広がってもすぐにベッド不足になるだろうし、そこに観光客が入院するとなると病院は一大パニックになるのは目に見えている。東マウイに向かう道路も西マウイを一周する道路も住民以外は通行禁止。ハナやカハクロアに住む人が病院などに向かう場合にツーリストで道路を混雑させてはいけないという措置だ。

感染を防ぐという目的が第一だが既にマウイからも3名ほどの感染者が出ているのでこれを広げないことが重要だ。今はすべてのレストランはテイクアウトオンリーだし、バーや映画館、ヨガ施設、ジムなど人が集まる集会は閉まっている。カウアイ島のように夜中の9時から朝の5時まで外出禁止にはなっていないが、STAY HOMEと声高に叫ばれている。

人と人との距離を取るソシアルディスタンスという英語もポピュラーになってきて肘で挨拶する人々も出てきている。小さな島なので危機感は日本よりずっと強いかもしれない(日本の現状は知りませんが)。ツーリストが減った今はサウスキヘイロードは自転車で走るには快適だし海の中も空いてきている。

スーパーやコストコにはトイレットペーパーが品薄になり、我々日本人に欠かせないお米も多くのスーパーで無くなっているが、私の作っている「マウイ在住日本人のページ」というFBでどこどこのスーパーにお米がありましたよと同胞の日本人同士が情報を流してくれるので助かっている。こんな風にこのページが役に立つとは思ってもいなかったが。

私も妻も二人の子供も仕事はほとんどなく収入的に辛い時だが、税金や電気代や家のモーゲージなどを3ヶ月から半年くらい先延ばししてくれる措置も取られ、失業保険事務所は電話とオンラインの嵐でバースト状態。

ドイツの首相はこんな騒ぎが第2次世界大戦以来だと言っていたが、63年の私の人生でも経験がない。株が暴落し私の知り合いも何千万単位の損失だと嘆いていたが、そういうものを持っている人は悩みの種も多いのだろう。


IMG_3413 2
僕の悩みはこんな騒ぎなのにコロナが安くなっていないこと。


とりあえず家の中にいるとニュースばかり見てしまうので暗くなっていけない。幸いマウイのビーチパークは閉めていないので外で気持ちよく過ごしている。波も少しあるので私の妻は毎日サーフィンに行っているが、肋骨が完治していない私はもう3週間くらい海に入っていないが1時間ほど海沿いの道を歩いたり自転車に乗ってたりしている。ぐっとツーリストの減ったサウスキヘイロードは平坦な道が続くので自転車には快適だ。

仲間と音楽の練習をしたり(私はできないので茶々を入れるだけですが)、いつも集まらない友人を家に招いたりと楽しく笑って免疫力を高めていこうと思っています。妻のカナは遅ればせながら麻雀のアプリをダウンロードして勉強しています。私はアル中にならないように気をつけながら庭仕事や大工仕事をしています。

大変な世の中になってしまいましたが皆様もお身体にご自愛しながら楽しく暮らしてくださいね。






椿の花みたいにおそらく観念したんだね。

カヌーのハル(惻絃)に身体をしたたかぶつけどうやら肋骨にヒビが入ったようだ。片側だけ痛くてパドルが出来ない状態になったので早々と引き上げたが、カヌーを洗いトラックに積み込む頃になると痛みはどんどん増し、吐きそうになりながら運転して我が家に着いた。

ササッと治療について調べると、安静以外にできることはないらしいので痛み止めを飲み腰に巻くサポーターを胸に軽く巻き固定しながら「男はつらいよ」を見ています。カナブンは今サンドパイルにさーひんに行ってます。

怪我や病気をすると健康のありがたみがよくわかるもので、外はいい天気なのに歩くだけでもあばらが痛いのでなるべく同じ状態を保っているが、退屈なのでやはり軽いビールを飲んでしまう。調べたところアルコールは治りを遅らせるので良くないらしいが、そんなはずはないともっと調べると適度のアルコールは問題ないという説も出てきたのですぐにそれに飛びついた。

なんだか完治まで3週間くらいかかるらしいが、サーフィンで肋を痛めた地萩ちゃんによると「三ヶ月くらい経ってるけどまだサーフィンすると痛いよ」と恐ろしい話も聞いた。

幸か不幸か世はコロナウイルス大騒ぎで仕事も続々キャンセル(続々というほど入ってもいなかったが)で安静にする時間は十分ある。ただし経理担当のカナブンの話によるとゼロは会社にお金がないよーとのことなのでなるべく支出を抑えようと燃費の悪いトラックの使用と外食は控えている。ビールもハイネケンからクアーズライトに、焼酎も黒霧島からイイチコになった。唯一の収入源は麻雀だが、これも負けた時のために財布を見ると金が無い。母ちゃんから50ドル貸りて勝負に行きましたわ。勝ってよかった。

上記の文を書いてから1週間ほど経っている。痛みはだいぶ和らぎ軽く歩くことくらいはできるので近所の散歩を良くしている。これも同じ道を歩くと飽きるので途中まで車で送ってもらい一人で4〜5キロほど歩くパターンが多い。ずっと海沿いを歩くことが多いのだが本当に美しい場所に住んでいるなあと感謝している。歩きながらクジラや亀は見れるし、途中でサーフィン仲間とダベったりとなかなか楽しいものだ。

そして昨日あたりからスノーケルをやりだした。垂直に潜るとあばらが痛いので水面を軽くスノーケルしているがクジラの声を聞きながら良い運動にもなるのでジムなどに通うよりはよっぽど気持ち良いのだ。サーフィンのように周りの人を気にかける必要もなく好きな場所で好きなように泳ぐ自分一人の遊びだ。歩いていける距離にこんな素敵なビーチがたくさんあるのに今まで波のことばかり気にして目にも留めなくてゴメンよ。まるでいつも横にいる可愛い奥さんを当たり前すぎてよく見てなかったようなものじゃないか。いや、ちょっと違うか? まあいいや。

そして今日は暇なので今まで撮り集めた水中のフッテージをまとめて癒し動画を作ってみた。身体はうまく動かなくても次から次にやりたいことが出てくる。それが収入につながればもっと良いのだが、世の中そんなに甘くはないようだ。



早くコロナウイルス騒ぎが収まって少しは収入につながらないとヤバイな。就職もしたくないしなー。アーメン。

俺がいたんじゃ お嫁にいけぬ 分かっちゃいるんだ 妹よ

ちまたはコロナウイルスの話題で持ちきりですが皆さんはお元気でしょうか?
うちの息子は来週日本に行くのですが、こんな時期なのでキャンセルしようとしたがハワイアンの安いチケットで変更ができないということで無理矢理に行くそうです。体の丈夫なやつなので大丈夫でしょうが4月に日本を予定していた娘は問題なくキャンセルできたようで兄である息子のことを「He is Crazy!」と言ってましたがそこまで言うこともなかろうに。笑

実はこんな時期に私は風邪をひいてしまいました。もう三日目ですがゴホゴホしながら外に出ると嫌な視線を浴びそうなのでなるべく家の中で過ごしています。とは言いつつ熱もないし鼻も詰まってない(がやたら水のような鼻水が出る)ので昨日は近所を10キロほど自転車で走り、汗だくになった体でそのまま近所の海にシュノーケル。海に入ると気持ちよいので治ったような気がしてしまうがやっぱダメですね。昨晩の夜から咳がひどい。

と言うわけで今日は山の仲間に誘われていたSUPでのクジラ探しをキャンセル。家の中で喉に良いお茶ばかり飲んでいます。こう言う時は読書が進むものでタカくんから長い間借りていて読みきれていない内容がヘビーな本や、先週友人からどっさりもらってしまった赤川次郎や片岡義男、喜多嶋隆などの読みやすいが時代を感じる文庫本などをちょろちょろ読んでいますが、昔に比べて読書の集中力が確実に落ちてしまっているようで少し読むと携帯で遊んだりユーチューブを見てしまったりするのでよろしくないなと実感しています。

86738734_834626980334334_1926446970042318848_n.jpg


さらにさらにどこから来たのか別の友人が「ひろさん昔見たいって言ってたじゃん」と数日前に男はつらいよ全50巻のDVDをどさっと持ってきてくれたので当分暇つぶしには困らない状況が整った。それにしても昨日見た男はつらいよ第1作は1969年公開の映画。出てくる街並みや車だけ見てても楽しい。しかし旅から帰ってきた寅さんが恋をして振られてまた旅に出ると言う似たような内容なので50巻は見れないなー。

本屋もビデオ屋もないマウイ島では日本の不要なグッズは日本人の間で行き来します。20年ほど前にハナに住む日本人がいらないからと回ってきたレコードには加山雄三の「お嫁においで」や「蒼い星くず」のEP版とかありしびれました。そのレコードはいまだに我が家に飾ってあります。

86414797_2460419877395862_4746502675321847808_n.jpg


となんか引きこもりくんなのでどうでもいいことをグダグダ書いてしまいましたが、皆さんもインフルや風邪に気をつけてくださいね。現在寝込んでいる方がいたら「男はつらいよ」いつでも貸しますよ。





マウイの冬はザトウクジラと大波と

例年12月にはポロポロみれるアラスカからやってくるザトウクジラの姿が先月はほぼ見えなかった。やはり水温が例年より暖かい影響だろうかと心配していたら先週あたりからようやく毎日のように姿を見ることができるようになりました。今年は例年より1ヶ月近く遅い訪問だが、4月のはじめ頃にはほとんどアラスカに帰り少なくなってしまうザトウクジラたちはもう少し長くマウイに滞在してくれるのだろうか?

先日ゴープロをつけて一人カヌーで漕ぎ出していった画像をユーチューブにアップしたのでまだの方はみてください。



数日前はマウイのジョーズという大波にチャレンジしにオーストラリアからサムさん、宮崎から小守くんと言う方を紹介してもらい、ペアヒの丘から彼らの撮影をしましたが、いやあ冬のマウイは鯨に大波とエキサイティングな日が続きますね。

DSC_6311.jpg
サムさんとコモリくん

DSC_7236.jpg
これはカイ・レニーのライディング。風が強いので彼はトウインサーフィン
もう少し写真はあるのでそのうちにどこかで紹介したいと思います。

あっという間に1月も終わりですね。
早いなー。

新年あけましたおめでとうございます。

クリスマスから私の誕生日、年末年始と怒涛のイベント三昧が終わりようやく落ち着いてきたマウイの斉田家です。

誕生日には毎度おなじみの島の海仲間が集まってくれ大晦日は爆竹三昧でやかましい近所を抜け出し近所のバーでやっている友人のライブに顔を出しそこからワイレアの打ち上げ花火を見に行きました。日本の花火大会はすごい人出ですがこっちはみんな椅子を持参しビーチに広げわりとのんびりとみることができます。

IMG_1527.jpg
私のバースデーパーティー。自然も人間も魅力的なマウイ島だが年齢層高し。笑

IMG_6262.jpg
NYから引っ越してきたベーシストYukinoのワイレアライブ。ペットシッターを仕事にする動物好き。

DSC_6159 (1)
ワイレアの打ち上げ花火。いつもは我が家の屋根の上から眺めていましたが近くで見るとやはり迫力。

チョロチョロ仕事もしていました。
IMG_1584.jpg
横浜のお医者さん中村さん一家はとても元気ですっかり仲良くなってしまいました。

IMG_1668.jpg
オアフ島から日帰りでスノーケルに来た67歳の佐藤さん。スノーケル道具も全て持参で気合入ってました。リスペクト。

そしていよいよ2020年のスタート。1月1日は近所の仲間が集まり紅白歌合戦をTV観戦。若い子はほとんど知らないのでいつものことだが居酒屋状態の喋り場。竹内まりあと松任谷由実だけちゃんと見ました。

そして東京からおしゃれなカナの親戚一家が来訪。オアフ島での結婚式以来なので10年以上ぶりの再開。今回はがっつり毎日遊んで親交を深めることができました。博報堂のタカ君は共通の友人がとても多くてびっくり。奥さんの志保は綺麗なヨガインストラクターで大きな子供が二人いるようには見えない。

IMG_1747.jpg
タカ君はサーファーなのだがこの日はあまりに波がないのでコーブパークでみんなでスノーケル。

IMG_1760 (1)
左に行くとその辺のスノーケルスポットに負けない素晴らしい透明度。


最終日はみんなでカマオレビーチパーク3の芝生に集まり夕焼け鑑賞。目の前のコンドミニアムに住む息子のカズマとGFのヒラリーもジョイン。
IMG_4962_202001080618273e7.jpg

「来年もこの景色を見に頑張って働きます」とタカ君。
IMG_5065_202001080618306ff.jpg

というわけで2020年が始まりました。

みなさん今年もよろしくお願いします。




久しぶりのカナママ in Maui

日本から妻の母を連れマウイに戻ってきました。私と妻は彼女のことをママと呼び息子と娘はバーバと呼んでいます。87歳のママにとっては10年以上ぶりのマウイ。前回来た時にあまりに来客が多く疲れてしまったそうだが、そういう仕事なのだから申し訳ないがしょうがない。今回はたったの10日間という短い滞在でしたが、職業が女優とは思えないくらい質素で地味な生活をしていて朝ゆっくり起きてほとんど本を読んで過ごしていました。「ヒロなんか面白い本ない?」というので椎名誠の本を渡すと驚くべき速さで読んでしまい「もう少しパンチの効いた本がいいな」と注文もうるさい笑。で日本で買って少し読んだのだが作家の自我が鼻についてすぐに辟易してしまった本、百田尚樹の「錨を上げよ」を貸したのだがそちらはまずまずだったようだ。

僕と妻は毎日のように海に行ってしまうので一人の時間は音楽もよく聞いているようだ。アップルの初期のiPodとワイヤーがボロボロになったイヤホンをセロテープで治しながら聴いている。「これ時々ピリピリ痺れるのよ、治んないかしら?」と出してきたので「それもう捨てなさい」と新しいアップルのイヤホンと使ってないiPodクラシックをセットで差し上げたが私のiPodには高田渡や遠藤賢司のアングラフォークからディランやバンド、イーグルスからドゥービーなどのアメリカ音楽が満載だ。大丈夫か。

朝早い僕と妻は毎晩10時前には寝てしまうのだがママは日本でも夜中遅くまで起きている夜鷹でその生活習慣はこっちでも同じ。みんな寝静まった夜にジャックバウアーの24を毎晩一人で見ていたようです。たまに一緒に少し見ると時代が古い感は否めないがアメリカの役者は日本の役者より数倍うまい。そのことをママに話すと「そりゃあね」と素直に認めてました。何がそりゃあね何だろね。

このママのいる期間は子供達も優しいもので普段は滅多に顔を出さないのに毎日のように「バァバ元気?」と遊びに来てました。ばあちゃんと孫の交流は良いものです。

IMG_0995.jpg


日本に帰る日はカナがオアフ島の乗り換えゲートまで付き添った。私とは家の玄関でお別れ。「じゃあママ元気でね」というと彼女は腰を90度に深々と曲げて「何から何までお世話になりました。」と神妙なお辞儀をされたので困ってしまった。さすが役者さん、決めるとこは決めます。

久しぶりにあったママは「ヒロ美味しいもの食べに行くよー」とカツカツ足音をさせて銀座を闊歩する以前のように元気なママでは無くなっていたが好きな芝居を生業にして子供を育てあげ、今は自由な東京一人暮らしを謳歌している87歳。天晴れだ。

IMG_0997 (1)

今回は私が体調が悪くダイビングに連れて行けなかったのが心残りだが300本近く潜っているれっきとした認定ダイバーだ。次回マウイに来たら久しぶりに一緒に潜りたいものだ。90歳お祝いダイビングとか良いね。そのままあっちの世界に行かないでね。

出雲大社へ

翌日は出雲大社へ。今日のガイドは由美ちゃんから旦那のタカくんにバトンタッチ。なんせ昨日の由美ちゃんガイドは「琵琶湖と宍道湖はどっちが大きいの?」と聞くと「んー宍道湖は結構大きいよ。琵琶湖と同じくらいかな」というのでググるとその適当さがすぐにばれたので降格。本日のガイドタカくんはしっかりしている。「えー宍道湖は日本で7番目に大きい湖で琵琶湖よりは小さいです」と初めから笑わせてくれる。

なんでも11月は日本中の神様が出雲の国に集まり会議をする大変な時期らしく、その他の地域では神無月というがここでは神在月というらしい。「あーだからヒロさんも来たんだ」と由美ちゃんに言われたがマウイの我々が島根にいることが神がかっているらしい。笑

伊佐の浜というビーチに車を寄せる。全国から集まった神様はこの浜から出雲大社に行くらしい。タカくんから正しいお辞儀の仕方を習い海に向かって礼。どうやらこれを二拝四拍手一拝というらしい。神様はここの浜から上がって出雲大社に行くらしい。今日のガイドは博学だ。笑

IMG_2182.jpg

そしていよいよ出雲大社へ。アメリカに住めば住むほど自分が日本人だということを自覚して行くので出雲大社は長年来てみたかった場所の一つ。

IMG_7882.jpg

IMG_7710.jpg

IMG_0582 2

IMG_0587 2
天皇陛下御即位ということで紅白の饅頭をいただきました。これは焼いて食べてはいけないらしいです。

IMG_0600 2

IMG_0597 2
京都と違いここを訪れる観光客は日本人ばかりということが興味深い。ルーツを発見する旅ですね。

そこから松江の街に戻り軽く温泉。街中に銭湯感覚で温泉があるのが羨ましい。風呂場に入る途中の映画のポスターを見ていたら撮影に上田くんの名前がクレジットされていました。彼はフリーの売れっ子ビデオグラファーなのです。
IMG_0641 2

さっぱりした後に松江城へ。意図してはいなかったが気付けば姫路、岡山、松江と城下町巡りの旅でもあった。どこのお城も美しいのでついつい写真をいっぱい撮ってしまう。
IMG_0619 2

IMG_0632 2

IMG_0637 2

IMG_0651 2

夜は居心地の良い上田家で大ご馳走を振舞ってくれました。山陰の人もお酒が大好きですね。笑
IMG_0646 2

翌日はお世話になった宿をチェックアウトし上田ご夫妻に送ってもらい松江空港から一路羽田へ飛行機で戻りました。
IMG_0652 2 (1)

同時期にベトナムに行っていた友人が「ヒロさん来なくてよかったよ、ホテルから抜け出せなかったよ」というので結果オッケーの旅だったが本当に多くの友人にお世話になりました。いつもマウイで会う仲間たちのリアルな生活する姿が見えとても興味深いものになりました。みんな波に乗っているだけじゃなくてちゃんと仕事もしているんだね。

この後私は地元横浜で少しのんびり



出雲の国へ

岡山で2泊した後はノリちゃんに岡山駅まで送ってもらう。
IMG_0698.jpg
お世話になった田辺家です。

ここから高速バスの桃太郎エクスプレスで島根県松江に向かう。快適3時間の旅。山陰地区は初めてだがこういう機会がなければなかなか来れる場所ではなかろうと島根の友人に連絡を取ると快く案内をしてくれるというので島根の旅を決行した。バスを降りると由美ちゃんがニッコニコの笑顔で出迎えてくれ「どこに行きましょうか?」というので「君たちがいつも遊んでいる海を見せてよ」と近くのSUPゲレンデまで案内してもらった。ものすごく綺麗な海。やっぱり海はいいなと大きく伸びをし少しだけ水に足をつける。

IMG_1518_20191205084616a17.jpg

IMG_1289 (1)

その後宍道湖畔の温泉でのんびり旅の疲れを癒しました。
IMG_7389.jpg
このビールジョッキが大というのは解せないねーとみんなで文句。笑

そして上田夫妻の友人がやっている松江城の近くの民泊にチェックイン。フランス人のカップルと中国人の男性と我ら3人。経営しているのはノースカリフォルニアに住んでいたというエミちゃんというお姉さん。流暢な英語を話していました。
IMG_1536 2 (1)

夜は近くの「隠れ家」という居酒屋で快飲、快食。
IMG_1893 3 (1)

その後流れるように近所の怪しいバーに行くと客は我々のみ。声が潰れた後のトムウエイツをかけていたので「トムウエイツはやっぱ2枚目だよね」などと囁いたのが聞かれたようで知らぬ間にHeart of Saturday Nightをかけていてくれました。そんなマスターと音楽談義になった時「拓郎は別腹で僕も好きです」と「人間なんて」のレコードをシャリシャリかけてくれたのですっかりご機嫌な松江ナイトになりました。

IMG_0523_20191205074002602.jpg

zzz


倉敷

翌日は倉敷駅のアウトレットを見てから倉敷美観地区へ。お腹が空いたねとお昼はラーメン。探し出したのは煮干出汁の倉敷ラーメン。これが美味しくてびっくりした。人気店らしく早いうちから店内は満杯
IMG_6160.jpg

お腹がいっぱいになったところで倉敷美観地区を散策。意外と思われるだろうが美術館巡りが好きな私は迷わず大原美術館へ。外の騒がしさから切り離された静の世界での美術鑑賞。こうやってちゃんとお金を払って静かに美術鑑賞している礼儀正しい人たちが多くいることが嬉しい。

その後は近所のアイビースクエアで開催されている地元の建築家渡辺ちん太郎の作品鑑賞(本当はちん太郎じゃないだろうけど読めないのでちん太郎と呼んでいた)。彼の建築作品は地元倉敷ほか横浜にも数多い。どの建物も力強く美しい。
IMG_0437.jpg

そして美観地区散策
IMG_9873.jpg

IMG_9969.jpg

そしてここからフットワークの軽い東京のロバがジョイン。
IMG_9159.jpg

IMG_8397.jpg

IMG_3756.jpg

IMG_4191 (1)

IMG_9679.jpg
絵になる景色の多い美観地区。ちなみに今回の旅行はカメラを持って行かず全てアイフォン11プロで撮っています。

ほろ酔いの感じで商店街を駅まで歩きノリちゃんと待ち合わせ。今夜はスーパーの出来合いのおかずで自宅飲みです。



姫路から岡山へ


翌日早起きした我々は原田家の犬を川ぞいに散歩。原田さんのボートは自宅横のこの川に止めてありいつでも魚を釣りにいける最高のロケーション。家に戻ると原田さんはすでにヨガをやって畑の手入れに行ってきたという。さすがです。
IMG_0285.jpg

IMG_0279.jpg

IMG_0293.jpg
とっても立派な原田整形外科。この日は全員お仕事で原田奥様に駅まで送ってもらいました。
この後我々は岡山を目指します。

岡山駅ではこちらも長年のマウイリピーター田辺ご夫妻が迎えにきてくれた。岡山には親戚がいるので遥か昔に来た思い出があるが天満屋と後楽園しか覚えていない。久しぶりに行った後楽園はとても素敵な日本庭園でこの歳になってやっとこの良さを理解できるようになった気がする。

IMG_0314.jpg

IMG_0301 (1)

IMG_3413.jpg

IMG_3113 (1)

IMG_0321 (1)

IMG_0299.jpg
剥がし忘れたポスターではありません。笑

流石に旅の疲れが出てきたので岡山では2泊田辺家にお世話になりました。翌日はのんびり洗濯をしたり倉敷に出かけたり。日本中いろんな場所でリアルに生活している仲間たちの姿が見れてとても新鮮な旅になっています。

毎日素晴らしい秋晴れです。






京都から姫路へ

翌日は京都観光。僕の中では京都出身といえばカウアイ島好きなこの人アニニさんがすぐに思いつく。連絡を取ると明日京都を案内してくれるという。「普段なら週末の京都観光はお断りしてるのよ」と姉さんさすが地元だけあってタクシーを効果的に使いながらパッパッと主要な観光地を案内してくれる。「普段は予約が取れないけど今日はキャンセルが出てラッキーよ」と12時から3時まで黙って座っていればがっつり美味しいものを食わしてくれるという小料理屋に案内してくれました。流石に良い店を知ってらっしゃる。

IMG_0188.jpg

IMG_0176.jpg

IMG_0174.jpg

IMG_0165.jpg

IMG_0193.jpg

IMG_0206.jpg

IMG_0213.jpg

IMG_5618.jpg

そしてお腹いっぱいの京都を後にし姫路へ。姫路駅ではユキが迎えにきてくれ夜の姫路城を案内してくれました。その後原田家で一泊。自作のワインとビールをご馳走になりさっき釣ってきたという明石のタコのお好み焼き、なんと贅沢。原田家も全員集合で楽しく暖かい夜を過ごしました。

IMG_0269.jpg

IMG_0267.jpg

IMG_0230_201912050556508ca.jpg

IMG_0225_201912050556496a2.jpg

IMG_0277_20191205055820da4.jpg
原田ファミリー温かいおもてなしありがとうございました。

そして翌日我らは岡山に向かいました。

まさかのウエストバウンド

事の発端はカナがオアフ島から関空までおひとり様150ドルというエアーアジアのチケットを見つけたことから始まった。試しに電話すると席は空いているという。この時期は仕事の方も暇なのでなんとかなりそうだ。じゃ関空経由で友人のいるベトナムに行こうじゃないかということに話はまとまった。

エアーアジアは普通の飛行機より一回り小さいが日本人にしてはやや大柄な私でもまあオッケー、この値段なら文句を言うのも申し訳ない。関空には夕方の到着なのでベトナムに飛ぶベトナムエアーは翌日のフライトとなる。じゃあ関空近くの温泉のある宿に一泊するかとカナが調べ出してきたのが「変なホテル」と言う名前の変なホテル。フロントには人がおらず代わりに数カ国語話すロボットが対応するがこれから国際的になる関空周辺のホテルではこのシステムは便利かも。11月にオープンしたばかりの綺麗なホテルだが、失敗したのはホテルから空港までは1時間に1本無料循環バスが出ているのを知らず我々はタクシーで高速代を含めて3000円近く取られた。「お前調べなかったの?悔しいなー」とブースカ文句を言ったが本当の悲劇はこの次に起こった。

翌日はしっかりと無料のバスに乗り関空に着いたのだが、ベトナムエアーのチェックインカウンターに行くと「旦那さんが日本人で奥さんがアメリカ人なんですか。奥さんはアメリカ人なのでビザが必要ですが持っていますか?」と聞かれ頭真っ白。ガビーン、そんなものは持っていないし考えてもいなかった。「それでは奥さんは行くことは出来ません。旦那さん一人で行きますか?」これは10秒くらい考えたが我々の目的地は嵐が直撃する予報だったので「じゃあ僕もいいです」と断った。 

関西難民だ。目の前の予定が何もなくなり何をするのも自由だ。レイロードパスでこの辺を旅行するかと問い合わせるが永住権の人は日本到着前に申し込まないとダメらしい。「じゃさレンタカー借りて自由な旅する?」と今度はレンタカーオフィスを回っているとカナが連絡を取っていた京都の消防士山本くんから「そこにいてください。30分で迎えに行きます」とお助け電話。山本家に到着すると綺麗な奥さんのロングボーダーみゆちゃん、双子の子供たち漫才師のような息子ヨータとおとなしい娘ユヅキも勢揃いしている。2階に大きな寝室があるのにいつも6畳の和室に家族みんなで寝ている仲良しサーファーファミリーだ。その日は姫路のアキも仕事が休みということで電車で遊びに来てくれた。みんなで賑やかな食事をしながら翌日からのプランを練る。

IMG_6548.jpg
サーファーらしいいい感じの山本邸。

IMG_0969_20191205052421973.jpg
古い宿場町のご近所さんぽも新鮮だ。

IMG_4702.jpg
琵琶湖夕景

IMG_3416.jpg
姫路からアキ登場

IMG_6269.jpg
山本ご夫妻おせわになりました。





  

ポコ、甘えてばかりでゴメンね

前回花鳥風月の人と思ったのは錯覚だったようでやはり朝は海に入らないとスッキリしない。とはいえ冬の時期は西ウネリが入らないとキヘイ周辺の波はほとんどなくなるのでカヌー、SUP、スノーケル、自転車の人になりつつある。

今日はカヌーを車に積むのが面倒だったので、徳島のshaper櫛本さんが「ヒロさんいつでも使ってね」と置いていったくれたカスタムSUPボードをトラックに積み込んでいつものコーブパークまで。カヌーだと波が小さくてもそれほど気にならないのだが、ロングボードやSUPだと今日の波はやや不完全燃焼。もう少しサイズが欲しい。

早めに上がってコーブのシャワー。シャワーから流れる水を使って仲間が植えたパパイヤやバナナ、タロイモなども順調に育っているようで嬉しい。

PA280082.jpg


島中走り回って波を探すカワカミを見習ってたまにはドライブするかとポコまで一人で車を飛ばすと右のピークは3人だけのガランスキー。しかもよく見ると中の二人は奥さんのカナさんとお美和子様。北の波が上がるとサウスのポイントはどこも空いて来て良い事だ。

行きなーさーい、巻かれーなーさーい🎵

PA280085.jpg

早速ジョインしコシハラのメローな波に数本乗らせてもらいました。波待ちしながら「お腹がすいたな」とつぶやくと「車にサンドイッチあるよ」とカナ。「ビールもありますよ」と美和子。もう君たち完璧じゃないか。

PA280092.jpg

PA280097.jpg

ビーチに上がるとモンクシールがゴロンと横たわっている。ワイキキビーチにモンクシールが上がったというニュースを見た時はみんなに囲まれて可哀想だなと思ったがポコのモンクシールは幸せそうだ。
PA280102.jpg

コーブだと海から上がるとパッと家に戻ってしまうがここまで来ると久しぶりの人たちにも会うのでちょっとのんびり。今日は逗子ウインドサーフィンの真壁ご夫妻と歓談。私より年上なのは知っていたが12月で70歳になるというから驚きだ。「すごいねー」というと「蓮見さんなんて73歳なのにまだホキパでウインドやってるよ」とマウイには国籍問わずすごい爺さんがたくさんいるようだ。

久しぶりのラニオポコビーチパーク、改めて見渡すとなんて良い公園なんだと思います。

PA280109_20191030115612645.jpg

PA280110_20191030115614cf0.jpg

PA280108.jpg

駐車場完備、シャワー完備、トイレ完備、日陰完備、メローな波完備。
休日はローカルのパーティーで混み合うことが多いがみんなに愛されている公園ですね。



花鳥風月の人

日本からマウイに戻り怒涛の忙しい夏の時期が過ぎ、今はもう秋、相変わらずみんないる海だ。

先日波の良い時にふと気づいたのだが周りを見ると若者ばかりで20年くらい一緒にサーフィンをしていた同年代の顔見知りが少しずつフェードアウトしていきなんだか寂しい。そういう自分も最近は混んでいる海に入るよりカヌーで誰もいないブレークで遊ぶ方が性に合っているので人のことは言えない。

去年の冬は一度もホノルア湾でサーフィンをしなかったしカナハでのSUPも数えるほどだった。そんな風にだんだん波乗りからフェードアウトしていってしまうのは寂しいのではというとそんなこともなく次々と新しい趣味が見つかってくるから面白いものだ。

最近では自宅の南洋桜やプルメリア、マニラパーム、パイナップルなど適当な植物を鉢に植え花が咲いたと喜び、根が腐ったと悲しみ、一喜一憂している。すぐに人の真似をするうちの奥さんも私の横に買ってきたプラントを置き珍しく水などをあげるものだからプラント君としては「あのーもう早起きヒロさんに水もらってますから大丈夫です」と言いたいに違いない。


DSC_2822.jpg

P9200008.jpg


先日は友人のケーブが素晴らしい盆栽コレクションを見せてくれたりアヤちゃんやヒロちゃんが我が家のバナナの株を欲しがったり、モンステラをお美和子様に株分けしたりと土いじりや園芸がなんとも楽しい年齢になってきたようだ。そして月の小さい夜にはカメラと三脚を持ちひっそりと近所の海まで星の撮影に行ったりとすっかり花鳥風月の人になりつつあるようだ。

DSC_4486_20191017112920e69.jpg


本日の仕事はラハイナ地区のスノーケル希望者一人。時間とガソリン代を考えると普段なら断ってしまうところだが波もないし軽く運動しようかなとお迎えに行ったのだが、なんとゲストは可愛いANAのスッチー(死語か〜?)さん。神様も粋じゃないか。

IMG_9489 2

しっかり僕の亀じゃなく本当の亀を見て喜んでもらいましたとさ。←どこが花鳥風月の人じゃい。



そして大島(後編)

前回(前編)とか書いてしまったから後編を書かねばならぬ。しくったなー、もう忘れちまったよ。でもまあ後半が楽しみですとコメントまでもらってしまったので書かねばならぬのだ。

写真を見ながらほとんど機能しない脳みそと横にいる妻に「何やったっけー」と聞きながら描き進んでいくことにしよう。

大島3日目はゆっくりと起き出し大島ロコのカズヤくんの案内で島を案内してもらった。とは言っても観光バスが止まるようなところはほとんど行かずまずは気になるサーフポイントをいくつか見せてもらった。

細い道に車を止めぐちゃぐちゃの崖を10分ほど降りていくと海に着く。私の記憶が確かなら「ヨーコがよっこらしょっと岩だと思って座ったのがカメだったので、それからカメジリというポイント名になった」そうだ。ホントかよ。笑
※ここで訂正。正しくはジュンコがカメに座ったのでジュンカメというポイントだそうです。横浜の人はすぐにヨーコにしちゃうからと笑われました。
66161312_2310213302396922_7466321806782103552_n.jpg

IMG_3396 2
そして海の前には落ちそうで落ちない岩がある。この岩の名前は「落ちそうで落ちない岩」だそうだ。笑

島のサーファーをリスペクトして海の写真は載せないが絶対知らないとたどり着けないポイントだ。この側には海水を吸い上げて塩を作っている工場があり興味深く見物させてもらいました。

確かこの後大島の有名なお蕎麦屋さんで早い昼飯を食べたのだが、真っ黒になった我々の足をそのお店の外で洗わせてもらったんだ。変なことだけ覚えている。開店直後に入ったから座れたが続々とお客さんがやってくる人気店のようでした。

そして霧で全く見えない中をブンブン走り三原山の中腹へ。晴れれば良い景色なのだろうけど全く何も見えませんでした。笑
65954460_2310213912396861_1681231735037100032_n.jpg

もう頭の中はぐちゃぐちゃだ。ここから写真を見ながらコメントさせてください。順不同です。
IMG_6058.jpg
いろんなガイドブックに載っているバームクーヘンの崖。僕はそれよりカズヤ君の軽ワゴンがお気に入り。

GOPR3267_20190913053704386.jpg
バームクーヘンの先にはピョコンと飛び出した筆島がある。ここもサーフポイントだそうだ。

IMG_6093.jpg
ここは島の西側。自転車道路がずっと続き最後まで行くと海が綺麗になりビーチダイブをやっている人が数人いました。

IMG_6087.jpg
ここは若者の立ち寄るインスタスポットだそうだ。

IMG_6125.jpg
そして大島はゴジラの島なのだ。

66308837_2310213615730224_6359638326651125760_n.jpg
意外とうまかった。

66459525_2310213739063545_4187078649532383232_n_20190913055013b96.jpg
島中にブラットハウスの看板があるので「ブラットの家とは何なんだい?」と聞くと「行ってみます?」と連れて行ってもらったが「ぶらっと立ち寄る土産屋」のことで新鮮な野菜やソフトクリーム、色々な大島土産が売られていました。高くて旨くもないハワイの野菜に比べると新鮮で値段も安くカナちゃん狂喜。

66003640_2310214185730167_2606173326145486848_n_201909130550146db.jpg
大島といえば椿。そしてここは椿館。「おー誰もいなくていいぞー」と中に入ると季節外れで椿の花一つもなし。誰もいないわけだ。笑

IMG_3400 2
最後に風呂入っていこうかと港のそばの混浴温泉は水着着用だが気持ちよし。遠くに見えるのは熱海周辺らしい。これでたった300円。ポカポカ温まってから大島ー久里浜のジェットフォイル船に乗りました。

osima.jpg
一也君、ヨシエお世話になりました。船の別れはなぜか寂しい。

初めて行った大島良かったです。東京からたった1時間でこんなにのんびりした島に来れるなんてね。普段スペースのたくさんある場所に住んでいるので渋谷や品川の雑踏に行くと叫び出しそうになってしまうのだが、この島は人も車も少なく綺麗な自然も残っていてナイスだ。天候には恵まれなかったが何だか近所に居心地の良い島を発見してしまった気がする。このあたりでのんびり宿でもやりながら時間のあるときに他の伊豆七島を探索するのもいいんじゃないかいと単純な私は妙に夢が膨らんできました。







カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで