大都会

あーあー果てしない夢を追いかけてー

私には追いかける夢が見つけられない大都会の池袋で最後の買い物。つーか買い物は妻と娘に任せ人間ウォッチング。アニメキャラやゲイや中国人や地方から出てきたっぽい若者集団などの人間の群れが四方八方通り過ぎる。みんなどこに行くんだろうね。日本は不況と言われているがこの活気を見ている限りそんな気はしない。求職難らしいがフリーの求人誌には仕事があふれているじゃないか。あれは良い仕事がないって事だろう。求職難ではなく良職難だ。マウイ新聞の2行しかない求職欄を見せてあげたい。

午前中は友人のスタジオで親子写真を撮ってもらった。照れ屋の娘が笑ってくれるのか心配だったが、現代っ子はスマホなどで写真を撮られ慣れてるようでレンズを向けられると意外と上手に笑う。いつも同じ笑顔ではつまらないので、時々木下カメラマンが内股オカマの真似をし爆笑を誘い被写体をリラックスさせる。風邪っぴきとはいえ、さすが名カメラマンだ。

GOPR2607.jpg


娘の体調も心配なので早めに横浜に戻りのんびり過ごした。地元出身の小田和正のマイホームタウンという曲を初めて聞いた。この種の女々しい音楽はあんまり好きではないのだが(ファンの方すいません)、どういうわけか疲れた身体に浸透してきて、いろんなことがオーバーラップした夜でした。



スポンサーサイト

ヒロッパチ

高崎から軽井沢に電車とバスを使い移動。マウイでヒロ八という寿司屋をやっていたヒロさんが3年前に引っ越し軽井沢で割烹の店を開いた。行くからねーという約束が3年越しで果たせた。ここは料理はすべてお任せの店でメニューがない。黙って座って飲んでいれば次から次にヒロさんの創作料理が出てくる。味の方は昔から絶大な信頼を置いていたがあいかわらずすべて旨い。東京から友人の健ちゃんと桃ちゃんもやってきて合流。静かに嬉しい夜だった。

IMG_0329.jpg

IMG_0335.jpg


その日はそのまま同じ敷地内にあるヒロサン宅に泊まらせてもらい昔話に昂じる。タバコを吸いに外に出ると骨の髄からしびれるような寒さだ。零下8度くらいらしい。一夜明けて朝になるとパキッとした青空。娘の寝てる間に散歩に出たが雪をまとった浅間山が見事だった。近所には大きなスケートリンク、テニスコート、カーリング場、プールが点在し海はないが身体を動かすことには困らなそうだ。プロの味のお稲荷さんを旨い旨いと頬張っていると健ちゃん桃ちゃんが我らを迎えにやってきたので一緒に外で朝飯。大きなスペースに身を置くとやはり落ち着く。

IMG_0338.jpg

健ちゃんはカメラマンが本業だがカヌーも輸入販売しているので合法に運べるように大きなシェビーバンを所有している。この大きなヒロッパチ邸といい、まるでここだけ外国のようだ。

IMG_0336.jpg

その後みんなで近所の雲助温泉へ。風呂の中で健爺が素敵な裸踊りをしたりヒロサンが三度笠を被って登場したりと大笑いしたのだが残念ながらゴープロのバッテリーが切れていて証拠は残せず。この頃娘のミカコが体調を崩し嘔吐、東京までの車中でもずっと寝ていてノロウイルスではないかと心配したが、どうやら寒さで身体が緊張し胃痛が出てきただけらしい。東京に着きマッサージを受けさせると復活してくれた。このマッサージの先生がよい人で「ハワイから来てかわいそうに」と料金を受け取ってくれなかった。東京にもまだまだ人情がある。


真砂女

湘南新宿線に乗って群馬県の高崎に行った。駅を降りると立派なビルディングだらけで地方の特色というモノは感じられないが、吸い殻一つ落ちてない清潔さは見事だ。ホテルまでの道すがら定食屋に入ったが丼モノが300円を切る安さには驚いた。100円のサラダもボリュームがありおいしい。ドル安なのでこのデフレ効果は助かる。

夕方はタクシーで高崎市民文化会館まで劇団朋友の芝居「真砂女」を見に行く。私はこの芝居を見ることが今回の旅の目的の一つでもあった。俳人真砂女は妻の祖母にあたり、私達の結婚式にはハワイまで来てくれて、「わたしゃーどろどろの溶岩が見たいねー」と激しい性分の一片を垣間見せてくれた。劇団朋友の芝居では妻の母、文学座の本山可久子が客演という形でナレーター役をしている。着物姿できりっと舞台に立つ姿はとても80過ぎには見れない(あ、いっちゃった)。オヤジ外人がころっと惚れちゃうような美しさだ。

芝居中ほろっとさせる場面がいくつかあるのだが、瞳を潤わせながら、ふと隣を見ると妻が身体中ふるわせてハンカチに顔を伏せて嗚咽をこらえている。身内だから思い出しちゃったんだなー、無理もないよなー、でも芝居中は静かにしないとまずいよなーなどと思っていたので休憩時間に「お前身体振るわせて泣いてただろー」と聞くと「ばっかじゃないの。あれはクシャミを必死で押さえてたのよ。なんかアレルギーみたい」だってさ。

生の人間が演じる身内の芝居はとても面白く堪能した。娘は誰もマイクを使ってないことを知ると驚いていたし、お婆ちゃんが有名なアクターで曾お婆ちゃんが有名なポエマー(俳人)であることもこれではっきりと認識したことだろう。東京では2月に公演があるというので興味のある人は下のリンクから詳細を調べてください。チケットを買いたい人は劇団朋友に申し込む際に「本山扱い」というと身内料金で安くなるらしいですよ。

http://www.gekidanforyou.com/index2.html

芝居の後、楽屋でママと落ち合い一緒に食事をした。落ち着いた場所で食べたいというので外人が来たら接待に使いそうなオープンキッチンの店に適当に入ったら出てくる料理がすべて美味しくびっくりした。私が熱燗と焼酎のお湯わりをグビグビ飲んでいると「イビキがうるさくなるからもう飲まないで」と娘からダメ出し。

18262_442983269102856_1456064074_n.jpg
はい、役者母とサーファー娘

ハッピーハレイワ

昨日は目黒にハッピーハレイワの新作展示会にお呼ばれしたので参上。アパレルの展示会など初めて行ったのだが何だか色の黒いサーファーっぽい人がたくさん集まっていて和めた。カジュアルでかわいい洋服や小物がモノがたくさんあり娘が欲しがるがまだ売ってないつーの。居心地の良い庭で美味しい食事とシャンパンが用意されていたので2時間くらいまったりさせてもらいました。元マウイ在住のヨージも遊びに来てくれて久しぶりの再会。いつも遊ぶ席でしか顔を合わせていない中沢さんやミキちゃんの働いている姿も新鮮でした。

GOPR2507.jpg

富岡の駅に着くと元マウイ在住のゆーちゃんが近所のファミレスで待っていてくれた。一緒に我が家で娘のバースデーを祝い、大人だけで養老の滝という居酒屋へ。日本はどこでも歩いて行けるので便利だ。チューハイ1杯190円を胃に流し込みながら昔話を肴に歓談。「マウイには我々より上の世代が沢山いたはずなのにあの頃のみんなはどこいっちゃったんだろうねー」という。確かにその通りだ。多くの人は親の面倒を見に日本に帰ってしまったものと思われるが人ごとではないかもしれない。

さてこれから高崎に文学座の公演を見に行き(カナのママが演じるカナのお婆ちゃんの物語)、その後軽井沢のヒロッパチに会いに行く。今回は北海道も箱根も行けなかったのでこれが唯一の国内旅行だ。楽しんできます。

誕生日おめでとう

今日は娘の誕生日。妻と娘は東京ディズニーシーに向かった。彼女は東京ディズニーランドに行きたがっていたのだが、そこでは園内で酒が飲めないと言う大人のずるい理由で急遽ディズニーシーに変わったのだ。現地では仲間達も数人集まっているので楽しい時間が過ごせるだろう。

人混みの苦手な私は実家に残り久しぶりに一人の静かな時間を過ごしている。こんなに長い間日本に滞在したのも娘とこんなに同じ時間を共有したのも初めてかもしれない。毎日6畳の寝室に布団を引き3人で川の字になって寝ているがこんなことも今後無いかもしれないなと思うと今回の日本はそれだけでも意味がある。マウイの海は恋しいが今はそれ以上に特別な時間を過ごしている。

昨日はマウイに三ヶ月ステイしていたヤス君とカオカオが日本に戻ってきて東京に1泊するので、これまたマウイ常連の岡くん&チーが彼らを迎えに行ってくれ、近所のパン屋サンマルクで合流することができた。いつもマウイの海ばかりで会っている人たちと寒風の中で厚着をして横浜の田舎で会っていること自体が不思議な感じだ。

GOPR2491.jpg
僕の中では関東の岡、チー夫妻と関西のヤッチン、カオカオ夫妻は雰囲気がとても似ていて被るのだが、雰囲気だけじゃなく二カップルともハンブルでスーパーナイスなところもそっくりだ。

夕方は泉岳寺という場所にカニ鍋を食いに行った。カナが食いたがっていたのでグルメ中沢シェフが特別に作ってくれた。場所はミッチ、チャーの借りの新居。彼らはこの付近に家を建設中でその間はここに住むらしい。香港在住のカメラマン、マッツーとも久しぶりの再会。マウイでの寄付金集めには彼の東北写真が活躍した。彼は15日からカービー福永と一緒にまた東北支援に行くというから頭が下がる。時間が許せば同行したいところだが16日にはここを発つので残念だ。

469665_441434785924371_536177131_o.jpg
夜遅く電車で実家に戻った。娘は横で船を漕ぎ眠りこける女性が可笑しくてたまらないらしく、電車を降りたとたん吹き出していた。

東京にはもう何度も行きましたね。

ブログも更新できないほど忙しい日々だった。まずは家族つきあいをしている高輪の友人宅に仲間が集まり快食、ハワイに住むその家の娘ジュリも当日日本に帰ってきて久しぶりの再会。そしてそのまま泊まらせてもらいました。
DSC_4139sm


翌日は銀座のニコンでカメラのローバスフィルターを清掃。レンズでカメラの中を覗いた店員さんがクククッと含み笑いするくらい汚れていた。その後にカナのママと日本橋の砂場という蕎麦屋で昼食。生ビールと蕎麦。日本人であることの幸せ。
DSC_4158.jpg

そしてひょんなことで娘のミカコに着物を着させようということになり紹介してもらった銀座の貸衣装屋で着付け&髪の毛セット。そのまま日比谷公園で娘の晴れ姿を撮影をしたが、苦しいらしく脱ぎたい攻撃。2時間が限度だったな。
DSC_4171.jpg

DSC_4194.jpg

DSC_4222.jpg


タクシーで高輪に戻り普段着に着替え、そこから歩いて10分の別の友人宅でパーティー。東京周辺の仲間と宮崎からはミッチ&チャー、千葉から細川家も合流し大きな宴となった。とても楽しかったのは覚えているが知らぬ間にカウチで気絶してた。

DSC_4331sm

翌日は遙か新潟から車を飛ばして大工のトーリョーがきてくれた。横浜の実家まで送ってもらい地元飲み。彼の柴犬クロちゃんかわいかったな。

DSC_4332.jpg

DSC_4337.jpg

いやはやいろんな場所からお呼びがかかりありがたいことですが、とても全員には会えなくて申し訳ないです。でもやっぱりマウイで会う方がじっくり友好を暖めあえるなと思っている次第でもあります。

人間ドックなんて、らららららー

久しぶりに目覚まし時計をかけて朝っぱらから横須賀共済病院の人間ドックに行ってきた。7時半の赤い電車には高校生がいっぱいで、試験が近いのだろうかみんな電車の中で勉強している。長いリーゼントを電車のドアに挟まれた僕の友達のような人はいなくみんな真面目そうだよ。

病院に着くと「はーい、みんな着替えてきてー」と更衣室で病院着に着替えるのだがパンツを脱ぐのか履いててよいのか悩んだ。そんな馬鹿なことは聞けないので一応脱いだがあれは履いててよいものなんだなと終わった今わかったよ。「パンツはステイよ」とちゃんと教えてくれよな。

男女混ざって多くの人間ドックを受ける人がいてベルトコンベアー式にいろいろな検査をさせられる。超音波検診は面白く先生と一緒に自分の内臓を覗く。「ほーら、肝臓と膵臓に脂肪がついてる。あんたお酒飲み過ぎよ。休肝日をもうけなさい。」とのご指示。バリウム検査では乗った台が遊園地の乗り物のようにぐりぐり回され「はーい、仰向けになって」とか指示されるたびに(仰向けはどっちだったけ?)と一瞬動作が遅れるので、そのうちに「はーい、天井を見てー」と指示がかわってきた。100倍わかりやすい。痛い血液検査では血小板が壊れたとやり直しをされ両腕ともプスプス。後は簡単な眼圧と聴力の検査、血液検査、便検査、尿検査などだが、まるで自分がロボットになったようで決して楽しくはないね。でもコマーシャルボートだって年に1回はドック入りして点検してるもんな。せめて5年に1回くらいは心がけようと思う。

カードが使えると聞いていたのに精算時にカードを出すと「外国のカードはだめ」とはねられた。「なんでやねん」と説明を求めると、「この辺は基地の外人が多くよくバウンス(破産?)するから」とのこと。そりゃーそうだろうなーと納得すると何も言えなくなった。マリンコのせいで日本円がすっからかんになっちまったよ。

GOPR2484.jpg

夜は逗子に住むデザイナーマリちゃんの新居にお邪魔。住みやすそうなCOZYな家でワインを飲みながらすっかり長居をしてしまいました。



あんたブキウギ唄えばあたい踊るわチャールストン

昨日はみんな寒い中集まってくれてありがとねー。

今日は家の中で過ごす1日でした。ハワイに似合わないブルーススプリングスティーンのリバーを久しぶりに聞き涙しましたが、年中聴きたい音楽でもないわけで、地味だが飽きの来ないライクーダーやスティングをダウンロードしたり、昨日大塚さんにいただいた甥っ子さんのCDを聞いたり、最近気に入っている斉藤和義もツタヤで借りてきてダウンロードした。娘は犬が主人公のマーレーという映画を2本借りてきて「面白いけど悲しい」との感想。そりゃ2年前に天国に行ったジンボを思い出しちゃうわな。私は3丁目の夕日’64を借りてきた。昭和の家で見る東京オリンピックの年1964年が舞台の映画は琴線に触れる。あの時私は国道16号線でマラソンランナーに「がんばれー」と日本の国旗を振っていたっけ。

どこにも出ないと娘が退屈してかわいそうなので夕方は3人で近所のスーパーまで買い出し。マウイと比較すると野菜や食材がとても新鮮で安く感じる。娘は毎日シロクマ君が食べたいようで買い物はカナに任せ寒い中二人で走って近所のセブンへと急ぐ。そんな風になんでもないような日常だが、なんでもないから幸せなんだよな。

GOPR2477.jpg
なんとバナナは6本くらいで50円だったよ。

Get Together

自転車で行ける地元の海の近くで小さなパーティーを開き湘南方面の連中を中心に招集をかけた。天候は午前中はピーカンだったが予報通り午後から曇り。1時からのパーティーはこの冬一番と言われる寒さだった。とはいっても旅行中の私にはそんな非日常も楽しめる。サミーナといって手をこすりながらカップ酒をすするのも楽しいモノだ。

10年ぶりくらいに会う懐かしい人も来てくれたしフラダンサーもモデルさんも集まった。何をするという企画もなく、かまうわけでもなく、ほっておくのだが、それぞれが適当に話し出し酒を飲み温かくゆっくりした時間が流れた。

途中から青山でフラスタジオをやっているミワちゃんとフラダンサー達が踊り出し、潮くさい金沢の海に少しだけハワイの風がながれた(本当か?)。

GOPR2471.jpg

GOPR2470.jpg

GOPR2468.jpg

GOPR2466.jpg

GOPR2463.jpg

GOPR2474.jpg

GOPR2473.jpg

GOPR2472.jpg

GOPR2471.jpg

481471_178786635598577_613996945_n.jpg
Photo Sanocyan

みんなこんな田舎まで来てくれてありがとねー。

靴がない。

行かなくちゃ 上の寺に行かなくちゃ 靴がない

今日は親戚の法事で斉田家代表として我が家の上にある寺にいかなければいけないのだが、出発寸前に靴がないことが発覚。たしかにあったのだがどこかにしまわれてしまったようだ。しょうがないので普段はつきあいもない上の家の旦那さんに「すいませーん、靴貸してもらえません?」とお借りした。シンデレラのようにサイズもぴったりだった。遠く岡山からも親戚のおばちゃんが列席にきたので長男の嫁は嫁芝居に大変そうだが娘の髪の毛を友達の美容院に予約してあったのできりの良いところで抜け出せた。


GOPR2453.jpg
やべっ、みんな来てる。

寺に行くと今日は親父の姉の3回忌なので私が一番若い。63歳のエーちゃんはモトクロスレーサーでいまだに毎月レースに出て活躍している。高校生の頃バイクで崖の上り方や降り方を教えてもらったものだ。いまだに話が合う一番の親戚で「ヒロくんも56歳か、サービス業なんだからいつまでもかっこよくなきゃだめだぞ」とカツを入れられた。

GOPR2455.jpg

午後は寒いので夕飯の買い物に姉のプリウスを借りた。前回借りたときは買い物の後にどうしてもギアが入らなくなり店の駐車場から抜けられなくなり姉のいるハワイまで電話した。どうやらブレーキペダルを踏み続けていなくてはならないらしい。ハイブリッドって難しいね。家の近所くらいなら運転できるとタカをくくっていたが土曜日と言うことで屋上まで行っても駐車場は満杯。では下の階に停めようと下り出すと途中で降りれずそのまま追い出された。「ありがとうございました」と機械に言われ馬鹿にされたよう。「うるせー」と機械に言うと娘が大笑い。まったく日本は機械がいろんな場所で良くしゃべる。クルマもしゃべれば風呂もしゃべる。

夕飯の頃逗子のコモちゃんが千葉でピンポイントでしかとれないという大きな落花生を茹でて持ってきてくれた。実がほこほこしていてイモのようでびっくりした。カナの作った料理とワインで居酒屋斉田富岡店@仏壇付き昭和の家こたつ部屋で母を交え快食。夜10時頃まで飲み、そのまま記憶をなくしたコモちゃんは一夜明けてまだここにいる。笑

カナブン到着

カナが昨晩日本に到着し、今日から娘のお守り役が半減してほっとしているが母の世話をしなくてはならないので外泊は当分無理。今日も地元で1日過ごした。私は毎年実家には帰ってきているがカナは久しぶり。マウイでは「あんたさー」とか呼んでいるのに実家では「ヒロユキさん」と呼ぶ。マウイでは「おかわり」といっても「自分で取りな」とくるのにここでは「はいっ」と甲斐甲斐しい。あまり調子に乗ると後が怖いのでこのくらいにしておくが、娘や私に比べその変貌ぶりが面白い。

天気も良いので自転車で近所を軽くクルーズした帰りにスーパーに買い物に行くと日本の食材の安さに驚き、マウイで私たちの払っている値段はなんなの、とくやしがっていた。なんせマウイで2ドル以上するモヤシがこっちでは28円とかマウイで高いエノキも信じられないくらい安いらしい。魚も安いし美味しそうだし今日からの夕飯の支度が楽しそうだ。そういえばマウイですし屋をやっていた友人が日本に引っ越し軽井沢に割烹の店を出したのだが「食材がたくさんあるのでまた料理が楽しくなってきたよ」といってたっけ。

GOPR2416.jpg
まずは近所をクルーズ

GOPR2431.jpg
魚も旨そうで安い

GOPR2440.jpg
自転車にネギは似合うね。笑

日本に住んでいる人には何てことはないのだろうが、雨の中傘を差して家族で歩いてツタヤやコンビニに行くだけでも新鮮だ。今も夜の10時過ぎに5本で1000円のDVDを借りコンビニでそれぞれデザートを買って帰ってきたところだ。私は最近ミドリのふたのコーヒーゼリーにはまっていて娘はシロクマくん、カナは焼きたてプリンを選んだ。まぁ、そんなこたぁ500人の読者の前でどうでもいい事なんだけどね。すみません。

ペニーレーンでバーボンを

日本に着いてから原宿原宿とうるさい娘をごまかしながら自転車に乗せていたけど年貢の納め時。今日は電車に乗って原宿に行ってきたよ。ラフォーレが出来る前、竹下通りを抜けて明治通りを右に曲がると大野印刷ってのがあってさ、そこの2階の写植屋で2年ほど働いていた時期があるので地理には明るいつもりでいたがずいぶん変わっちまったね。通った飲み屋にはペドロ&カプリシャスのボーカルの女性が良く来てたっけ。写植の仕事は出社すると締め切りの書いてある原稿が写植台の上においてあり、基本締め切りを守ればOKなので好きな時間に出社し、間に合わないときはビールを飲みながら会社に泊まった。五島列島から出てきた彫りが深く日本人離れした長髪の先輩は夜になるとベランダからギターを弾きながら大声でドーントレットミーダーウンなどとシャウトしながら明治通りのトイメンにある喫茶店ドンキーでコーヒーを飲んでる女性をナンパしてた。それが良く成功するもんだから恐れ入ったが、今考えるとやる人もナンパされちゃう人もすごいな。

前置きが長くなったが、娘の竹下通りの買い物に私がつきあえるはずはなくカメラマンの桃ちゃんにお願いしてつきあってもらった。そのうちに周辺で仕事をしていたモデルのミキちゃんやサラちゃんも遊びに来てくれて久しぶりの再会。桃ちゃんの友人カメラマンのヒガイさんの写真展を近くのビームスでやっているのでみんなで遊びに行くとスケートボードやスノーボードカメラマンらしくマウイの岡崎友子ちゃんや細川哲夫くんも知っているという。あまり知られていないが二人とも昔はプロスノーボーダーだったんだよね。
GOPR2403.jpg
あーあ、来ちゃったよ。

GOPR2405.jpg
ミーヤン、いつもより化粧も濃く気合い入れてます。

GOPR2414.jpg
@Beams

GOPR2412.jpg
現役モデルさん2名と娘。すみません、ぼけちゃいました。

GOPR2409.jpg
桃ちゃん、いつもありがとね。

GOPR2413.jpg
カメラマンのヒガイさんと着たきり雀。

電車の混む5時前に逃げるように横浜に戻ったが、東京は面白い人がたくさん居てイベントもたくさんあってやっぱ若い人には楽しい街だよね。私がこの街に暮らせないことは重々承知しているがマウイの田舎育ちの娘には刺激になったことだろう。最後までタケシバドーリって言ってたけど。

さて、今夜は妻を迎えに羽田空港まで行ってきます。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで