海へ

娘がマウイに戻り肩の荷が下りたが、姉が台湾旅行に行ったので老いた母の面倒を見なければならず早々家を空けられない。「じゃあヒロサンの家にご飯を作りに行ってあげるよ」と優しい申し出もあったが米の場所も分からない状態なのでお断りした。毎日何を食べさせているのかというと近所のスーパーやコンビニ、ホカホカ亭(名前は変わってたな)などで出来合いのものを買ってきている始末。年に2回も日本に来ていると何処何処であれが食べたいなどと言う欲望も薄らぎひたすら義務を全うしているだけ。昨晩は隣のおばちゃんが心配してサラダを届けてくれたが久しぶりの手料理だ。

それでも友人達が各駅停車の田舎町に遊びに来てくれるので家から歩いて行ける範囲の飲み屋なら抜け出すことは出来る。ひょんなことでこの町在住のサーファーと知り合ったのだが今回彼が連れて行ってくれた店がなかなかいけてた。何がいけてるって生まれ育った我が家から歩いて3分なので店の前では20年ぶりにウインド時代の先輩に会うし、配達に来た酒屋は40年ほど前に自分がバイトしていた店の息子だし、いろいろな思い出がフラッシュバックしてくる。

数人で飲むつもりがだんだんふくれあがり、他の客が入ったら迷惑かなと思っていたが誰も入ってこない。知らぬ間に店主が貸し切りの看板を出してくれていたのだ。「何時閉店?」と聞くと「みなさんが帰るまで何時まででも」と融通が利く。私は途中で家の様子を見に一度抜け出したが店が近いとそんなことも出来る。

nomiya.jpg

マウイにいるときは年間300日以上海に入っているので怪我は治らないし鼓膜は伸びっぱなし皮膚は太陽でぼろぼろ、首・肩・腰はいつも凝っている状態なので日本にいる間は海に入らずデトックスもいいかなと思っていたのだが、やはり2週間も過ぎるとうずうずしてくる。そんな折「SUPしませんか」と加藤君からメッセージが届いたので「いぐ〜」と即決。去年も彼が逗子駅まで迎えに来てくれたのだが、今年は姉の車が借りられたので七里ヶ浜の駐車場で待ち合わせ。到着するとボード、パドル、ウエットはもちろんだが海パン、タオル、ビーサンとすべて用意してくれるので頭が下がる。

晴天無風の海に出れば気持ちがよいので別に波は期待していなかったが七里がスネ・ヒザなのに稲村の方を見ると少しサイズがありそうだ。しかも誰もいないので二人だけでコシ・ハラの波を30分ほど楽しめた。しばらくすると地元の人っぽいロングボーダーが二人出てきたので挨拶して「波、時々来ますよ」というと「だから急いでウエット着て来たんだよー」と嬉しそう。それを機に我々は戻ったのだが、いやあ思いがけず楽しい時間を過ごせました。

DSC_0573.jpg
加藤君にお礼を言い駐車場を出ようとすると駐車料金が1200円でびっくり。平日でガラガラなんだからもう少し安くしろよなー。
スポンサーサイト

東京パーティーナイト

友人の結婚パーティーに出席するために目白から地下鉄に乗って神宮前下車。地中深くから地上に出ると表参道と明治通りの交差点、クラクラした。さっきまでソバをすすっていた私には別世界だ。
IMG_2490.jpg

娘が原宿に行きたいというのでモデルの長谷川ミキちゃんとMR.シップス中澤氏に案内を頼んでいたのだが娘はこれがどれほど豪華な布陣か理解していないだろうね。途中まで付き合ったが竹下通りの交差点につくともうギブアップ。お二人に案内を頼み私は風通しの良い店で一人ビールを飲んでました。一時間ほどして買い物から帰ってきた娘はブーツを2足買って満足そう。足の小さな娘にはマウイで履ける靴がなかなか見つからないそうだ。

そこからみんなでタクシーに乗り六本木の結婚パーティー会場に。10年来の友人ダイちゃんとマリちゃんの結婚パーティーはグランドハイヤット内のおしゃれなバー。見知った顔に挨拶をしひたすら飲んでいると、新郎新婦のお二人が私を見つけてくれたのでお祝いの言葉を述べ握手&ハグ。20歳の娘はドレスアップしたパーティーにやや面食らっていたが年の近いカズマ君や英語ペラの海苔やチャーがよく相手をしてくれ感謝している。
IMG_2493.jpg

IMG_2500.jpg
ダイちゃん、マリちゃん末永くお幸せに。

さすがに三次会はキャンセルしてミッチ・チャー宅にお邪魔するとJPSAの大会が終わった細川テッチャンファミリーがジョインし一緒にお泊まり。翌日クレープが食べたいという娘をミッチが豊洲のららぽーとまで連れて行ってくれると東京マダム達が集まり一緒にランチ。
IMG_2508.jpg
そのまま横浜の実家まで送ってくれお別れ。娘はこの日の深夜便でマウイに戻りました。

イベント満載の1日

27回目の父親の法事が無事に終え、慣れないスーツを脱ぎ捨て一路湘南へ。
IMG_2389.jpg

今夜は江ノ島の花火大会なので友人宅でBBQをしながら鑑賞しようと誘われている。姉にクルマで送ってもらうが海沿いの道はすごい渋滞、途中で下ろしてもらい長谷から江ノ電で鎌高前まで行くことにしたがすし詰め満員状態、無理でしょと1回見送り次の電車に乗る事にしたが同じ事、諦めて娘を押し込み最後に私も乗ったがこのあり得ない状況に娘と顔を見合わせては苦笑。
IMG_2395.jpg

I邸に到着すると湘南の素敵なおじさま・おばさま方が揃っていて「お久しぶりです」のご挨拶。みんなサーファーやパドラーでハワイや日本で何度か顔を合わせている人が多い。ご馳走は並んでいるし酒は揃っている。その横でIさんがねじり鉢巻きでうまい焼き鳥を焼いてはご馳走してくれる最高のおもてなし。

IMG_2480.jpg

江ノ島の夕景だけでも充分にきれいだが、談笑しているうちにバンバン江ノ島方面から花火が上がりだした。
IMG_2398.jpg

hananaana.jpg
やっぱり日本の花火はゴージャス、娘もバシバシ写真を撮ってました。

楽しいときが終わりそのまま東京・目白の健ちゃん宅にお泊まり。到着してコンビニへシロクマ君を買いに行くとなんとここでは祭りをやっていた。
mamama.jpg
花火に祭りとおもいがけず日本の文化を堪能した1日。

翌日の昼にソバを食いに行くと蕎麦屋のオヤジ「昨日の祭りで足がガクガクだー」と。
IMG_2489.jpg

あいかわらず楽しい健ちゃん・桃ちゃん、お世話になりました。
IMG_2488.jpg
これでも二人とも著名なカメラマンです。

さーてこれから友人の結婚パーティーに向かいます。








ネイル&カヌー

数日前から娘がネイルサロンに行きたがっていたので横浜周辺のネイルサロンを調べるとあるある、たくさんある。何処が良いのかも分からないし街に行くのも鬱陶しいなと思っていたら江ノ島で知り合いがネイルサロンをやっているのを思い出した。しかも懇意にしているカヌークラブの事務所の上なので待ち時間のあいだカヌーが漕げる。

姉に車を借り江ノ島までドライブ。目的のネイルサロン「UMIKAZE」は土産屋が並ぶ騒々しいメイン通りから裏に入った昭和チックな一軒家。1階はオーシャンアスリートで大学で海洋学の講師もしている俊の事務所、カヌーパドルがごろごろして男臭いが2階に上るとオーシャンビューの快適な空間がひろがり、俊の奥方ミサが古い家をセンス良く改造している。よく見ると私の撮った写真も飾ってくれていて嬉しいことです。サーファーガールで最近はカヌーも漕いでいるミサがここでネイルを施行してくれる。オススメです。

IMG_2370.jpg

海の香り一杯のネイルサロンUMIKAZEはこちらをクリック。湘南近辺の女子Check it out


私は娘をここでほっぽりだし、俊と一緒にOC1を組み立て海へ。水の冷たさにちょっと怯むが身体を動かすことは気持ちよい。二人で世間話をしながら江ノ島を一周していると「ヒロサン、ずいぶん左に重心かけてますね」と見破られた。寒そうなので落ちたくないのだ。

そのまま川を上ると明日の花火大会の準備をしていた。俊曰く前回の台風でこの川に停泊していたプレジャーボートが何艘も海に流されたそうだ。橋の上からは江ノ島の観光客が上半身裸の俊とラッシュガード1枚の私を物珍しそうに見ている。途中海上保安庁らしき船に遭遇したが俊は無視、通り過ぎてから「やつら俺らにライフジャケットつけろとかいうんですよ、おめーらがつけろって言うの」と笑わせてくれた。確かに海の実力は俊の方がずっと上だろうね。

IMG_2375.jpg

IMG_2377.jpg

一時間ほど海で遊びカヌー置き場に戻るとネイルの終わった娘とミサが待っていてくれた。ここからサロンまでは歩いて3分、素晴らしい環境だ。お茶を頂き失礼したが次の客もオアフ島在住のサーファー女子らしい。なんともインターナショナルな江ノ島裏サロンじゃないか。

IMG_2371.jpg

モンチッチじゃなくて俊も今日はありがとう!



ミーヤンデイ

大型台風が近づいているとのことで夜中に雨戸を少し開け不気味な空を眺めていた。真っ暗な中で狂ったように揺れる竹林の写真を撮りたかったが娘が横で寝ているので諦めた。激しい雨や突風が家の中まで入ってくるので観察をやめ雨戸を閉めた。いつも雨戸ほど面倒くさいものはないと思っていたが初めてその役割に感謝した夜だ。

一夜明けるときれいな青空。姉が「どっか行ってくれば」というので娘を連れてディズニーシーに行くことにした。娘は二度目だが私は初めて。入園の際セキュリティに持ち物チェック。「オープン、サンキュー」って俺たち日本語分かるから。

2346.jpg


どっから人が集まるのか平日なのに混んでいた。見たかったトイ・ストーリーは二時間待ちとのことでとっとと諦め待ち時間30分以内のアトラクションだけいくつか乗った。ひとつだけファーストパスというのをもらって入ったのはストームライダース。流星号(古い!)のような乗り物で台風の目の中に入りレーザーガンで雲を爆破し台風を撃退するなんてワクワクするじゃないか。映像とシンクロして座席が動いたり雨風が吹き付けたり雲の中じゃドライアイスがブワーッと出てきたりとかなり楽しめたが、前のオバサンは濡れちゃうので文句言ってた。苦笑。

しかし園内はかなり広い。普段歩かないマウイ人の一週間分は歩いたに違いない。ところどころにいるディズニーキャラクターと一緒に写真が撮れるのだが私は人気のないピノキオのオジサンの哀愁に惹かれ一緒にパチリ。
pipi.jpg

歩き疲れると一杯。娘は白ワインを飲みゴキゲンに。
2359.jpg

アトラクションも楽しいが人間ウォッチも面白い。こういう人を見つけるたびに娘はケラケラ喜ぶ。
2354.jpg

気に入った場所で写真を撮りながら園内をブラブラ。
2350.jpg

2357.jpg

popo.jpg

がっつり遊ぶほどの気合いもないので「疲れたねー」と4時頃に引き上げた。最後の土産屋で可愛いディズニーグッズを見るたびにマウイのマナの顔が目に浮かぶ。笑

バスを横浜で降り姉オススメのヨーロッパ雑貨屋フライングタイガーへ。私も娘もここははまった。200円くらいから楽しい小物があるのでポンポンかごに入れてたら7000円も使ってしまった。夕飯は適当に入った居酒屋でラーメン、焼きおにぎり、茶漬け、焼き鳥をつまみに酒を飲み将来の話などを。
ssss.jpg
娘がオヤジ化してきたのでだんだん付き合いやすくなってきた。

2014年秋・ホロホロパーティー

ありがたいことだが日本に戻ると「会いましょう」というお誘いが多いが、こちらも限られた時間にみんなとは会えないので数年前から近所の公園でホロホロパーティーなるものを開催しマウイのようにゆったりした時間を楽しんでもらっている。今年は確か3回目だが友人のショーヘーちゃんとイベント屋のユキちゃんが全部仕切ってくれたので私は当日顔を出すだけ。楽させてもらいました、ありがとう。

私のところに来るマウイリピーターがこのパーティーで新しい人に出会いマウイ仲間の輪が広まっていくのは見ていて嬉しい。マキヨちゃんが唄いシゲ君がウクレレを弾き、ミワちゃんが踊る。みんなその道のプロ、初顔合わせだが何とかなっちゃう。ほれヨシエもアズサも踊ってこい。笑

10728957_888825097794519_2132261352_n.jpg

1470229_552138228265551_5075176330038156968_n.jpg

食べ物の輸入販売をやっているショーヘーちゃんはモンサントの遺伝子組み換え食物の話をわかりやすく話してくれ、横浜SUPクラブの人達はボードとパドルを無料レンタルしてくれ、ミキちゃんはコンロ持ち込みで旨い豚汁を作り、それぞれが協力して楽しい時を作り上げてくれた。あいかわらず私は飲みながらえばっているだけだが、中学生になったイサナにせがまれ少しだけSUPに乗った。落ちたら寒いので意外と緊張しました。

10600510_716532901773609_5186734714441277121_n.jpg

多くの人がマキヨちゃんのCDを買ってくれ、マキヨちゃんはその売り上げの半分をアンチモンサント活動をしているマウイのオータムに寄付してくれた。結婚記念日や誕生日の人がいて、マキヨちゃんがハッピーバースデーの歌を歌ってくれていた頃、友人に子供が生まれお父さんになった。チカラおめでとう、名前はホロ子だろう。

嵐の前だというのに陽気も素晴らしく、なんだかとても祝福された良いパーティーでした。

10394531_716532251773674_3191931990384502938_n.jpg

夕方前に解散をして風邪気味の娘を実家に送り、私は衣替えをし赤い電車で二次会に参加。新たに葉山のリンツや埼玉のロバも加わり騒ぐ人あり眠る人あり。マキヨちゃんも地元なので風邪気味ながら頑張って付き合ってくれた、ありがとう。
1898214_543238135811215_3092735622334120691_n.jpg

今回のホロホロパーティーの反省点と言えば私がこのブログで告知しなかったことだな。任せっぱなしにしていたのですっかり忘れてた。FBをやっていないリピーター君達、ごめんよー。

PS今回はすべて友人の写真を無断借用させてもらいましたが私カメラ紛失したかも?誰か赤いTG2見なかった?




教科書の落書きはギターの絵と君の顔

初めて同窓会というものに顔を出した。中学卒業以来なので40年ぶりだ。一人で店に入ると「斉田君!」と名前とクラスの書かれた札を首からかけられる。やばい、だれもわからない。とりあえず酒をもらいぶらついていると「おー、サイタ−」と声をかけられるが「お前誰だっけ?」って感じ。それでもよく遊んでいた数人が見つかり昔話に花を咲かせているとだんだん当時の事を思い出してきた。

俺たちのマドンナ
PA110005.jpg

イタズラで困らせた。
PA110007.jpg

懐かしいその声、くすぐったい青い春
PA110008.jpg

ずっと好きだったんだぜ、相変わらずきれいだな
PA110018.jpg

なーんちゃって楽しかった40年ぶりの再会
PA110021.jpg

これじゃ分かるわけがない。
PA110029.jpg
一番左の人は先生かと思ったよ。笑

日本にて

一昨日、娘と一緒に横浜の実家についた。姉の車を借りおっかなびっくり近所の店に買い物に行ったりツタヤでDVDを借り鑑賞したりと地味に過ごしているが娘がゴホゴホ風邪気味なのでこんなもんでよいのだろう。しかしぱっと海に行ける環境じゃないって事は何と手持ちぶさたなことだろうね。これなら仕事もやる気になる。笑

身体がマウイ時間から抜けず夜の8時には寝むくなり夜中の1時にすっきり目覚める。仕方が無いから起きだしてこのブログをしこしこ書いている次第だが夜中のキッチンでカレーパンを食いながらカチャカチャやっている何とも薄ら寒い情景だ。

今日は東京に出て妻の母に会う予定。彼女の誕生日なので築地辺りで寿司など食うつもりだが初電車だ。きっとコじゃれた服や鞄を持っていない娘はアジアの出稼ぎ少女みたいに写るんだろうね。はたまた中年男と少女Aか。そういえば娘が小さかった頃、上野公園に電車で連れて行ったことがあるのだが、平日だったので回りの奥様方から誘拐犯じゃないかくらいジロジロ胡散臭い視線を投げつけられたことがあった。確かにあの頃は自分も刈り上げ頭に革ジャンと充分に胡散臭かったのだがね。

人の目を気にして生きると言うことは何とも骨の折れる事よのう。
さーて朝の3時半、セブンイレブン行ってこよ。


ママ、お誕生日おめでとう。


カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで