FC2ブログ

あけおめ挨拶とジョーズセッション

あけましておめでとうございます。
なんだかボケっとしてる間に1月も半分過ぎてしまいました。

年末は子犬がいるので前の家でやる阿鼻叫喚的花火大会で怯えたりしないだろうかと心配していましたがどうやら今年は家族全員でどこかへ出かけてしまったようでセーフでした。なんせお向かいは電柱の上まで爆竹花火を巻き、道路の真ん中ではひっきりなしに打ち上げ花火と夕方からカウントダウンに向けてドッカンドッカンやりながら派手に新年を迎えるロックンロール的単純アメリカンファミリーなのだ。若い頃は一緒に楽しんだが、さすがに年の瀬は静かに過ごしたいとここ数年は家を抜け出していたが今年は子犬と一緒なので家で日本酒とそばなどをすすりながらまったり過ごしました。

2020年はコロナの影響で旅行には行けなかったが、アメリカ本土からマウイ島に引っ越してきた日本人ファミリー数組と知り合ったり、ほとんど海関係の人しか知らなかったのにそうでない人達とも交流を持ったりとここマウイの人間関係も少し広がったようです。

仕事の方は日本人ツーリストが来ないので30年以上の歴史の中でこれほど海に潜らなかった年はなくサカナの名前など全部忘れてしまいそうだ。ただし海には毎日のように通っていて波の具合でカヌーやSUPを漕いだり、波がないときは近所の海でスノーケルをしたりして遊んでいるが、最近はクジラも頻繁に目撃されるので風のない海の凪いだ日にはカヌーで沖に出て一人クジラ見学をしている。

赤ちゃんクジラは体長の同じくらいのカヌーに興味を持って近づいてくるのは知っていたが、どうやら成人クジラはこれが人間の乗り物だとわかっているらしく、私に気づかれないようにカヌーの真下、水深15mくらいのところでずっと休んでいるのがここ数日のクジラ探しでわかった。

ボートなどのホエールウォッチングはエンジン音でクジラにはバレバレなので、その機動性を生かしクジラの先回りをしゲストに見せるというやり方が主だが、カヌーはクジラも気づかないので「なんだか水面に不思議なものが浮いてるなー、でも音がしないなー、なんだろなー」とずっと身をひそめているが、いよいよ息が苦しくなって水面に上がるときは本当に控えめに「ブオッ」と一息して静かに水面下に潜っていく。

そんなわけでクジラを探すには目と耳をフルに使う。控えめな呼吸音なども聞き逃せないし、姿は見えなくてもクジラの鳴き声がカヌーを通して大気中に聞こえてきたりする。数頭のクジラの鳴き声がするときは「やばいなー、囲まれちゃってるなー」とドキドキしながら彼らが海面に姿を表すのを待つのだが、彼らがカヌーにぶつからないのをひたすら祈るのみだ。でも彼らは知能が発達しているので多分大丈夫だろうと思っている。




私が住む南の海はこんな風にまったりした日が多いのだが、日本の寒波がハワイに大波をもたらしていて、反対の北海岸では今年最大とも言われる大波がこの週末に予想されている。俗名ジョーズと呼ばれるスポットも大波乗りたちのセッションが見られそうなので久しぶりにカメラを担いで行ってみます。

行ってきました。
昨日(1月16日)のペアヒ(ジョーズ)写真です。
ちょっとだけよー。

DSC_0721.jpg

DSC_0686.jpg

DSC_0702_2021011804421600d.jpg

DSC_0853.jpg

マウイ島、すごい島だ。

それではまた!







スポンサーサイト



テーマ : マウイの写真
ジャンル : 写真

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで