After the downwind race

朝起きると昨日のダウンウインドの疲れで身体がバキバキ。少しその時の話をするが昨日はここで生まれ育ったカヌーパドラー2名と新たに17フィート4インチの最速SUP、BULLETを手に入れたコーノスケが相手。いつものバードサンクチュアリィから出発。コーノスケに「SUPは遅いから先に行けよ」と数分先に行かせたらあっという間に小さくなってしまった。あわてて追うものの差が縮まる様子がない。スコーピアスとハリケーンに乗ったOC1の友達は私よりさらにあとから出たもののすぐに追いつかれ余裕のグライドを繰り返している。いつもなら疲れたら休んでたらたら漕ぐのだがみんなを待たせるわけにはいかないので全力で漕いだ。カラマパークの沖あたりで腰が痛くなったが波をキャッチしてグライドするとその痛みを忘れる。そのかわり乗れそうで乗れなくてスピードが落ちた時はひどくがっかりする。

一度前を行くコーノスケが沈したときに差は縮まったが今度は私がフリ(沈没)。差がさらに広がった時に気落ちした(笑)。さらにもう一度沈し、勝負あり。ゴール手前のサレントス前ではスコーピアスXMのロビンが待っててくれた。彼のカヌーを後ろから見ているとたいしてパドルしていないように見えてもほとんどの波でグライドしてあっという間に差がつけられた。そのことを彼に言うと一言「エクスピリエンス」で片づけられた。チクソー。

コーノスケも初めて試したBULLETが調子よく嬉しそうだ。みんなそんなに早くなるなよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで