ヨージ君の思い出(死んじゃいないが、、)

20年以上前からの知り合いのヨージが久しぶりに日本から遊びに来た。漢字では太平洋を司るの洋司なのだが、彼はこれをアメリカ人に説明するときに「I am a Master of Pacific Ocean」とか偉そうに言ってたな。

オアフ島に住んでいた私がウインドサーフィンにはまっていたころマウイに来てヨージとは知り合った。当時マウイの高校生だった彼は大きなタイヤを履かせ車高を上げた真っ赤なトヨタのピックアップに乗っていて裏庭に自分だけのモトクロスコースを作ってワイルドに遊んでいた。サーフィンやウインドサーフィン、ウエイクボードにジェットスキー、水中ハンティングにナイトダイビングと海のスポーツなら何でも一緒に遊んだ。
マウイのマンタポイントは今では多くのダイバーが知っているが、当時1枚の水中写真を頼りに仲間と横1列になって潜りマンタが集まる場所を突き止めたのも良い思い出だ。その時の「マンター!!」と嬉しそうに叫ぶヨージの声を良く覚えている。
オアフ島の私の家にヨージが泊まり込みで遊びに来ると「HIROさん、トンカツ食べに行きましょう」「HIROさん、カラオケ行きましょう」とマウイの田舎の少年は都会の夜に興奮して私を休ませてくれなかった。若い彼は1日3コースくらいの勢いで遊ぶので私はクタクタになり「恐怖のヨージ」とか「野生児ヨージ」とか呼んでたな。
 
月日がたちヨージは素敵な女性と結婚し日本での生活を始めたが三十過ぎても冬の銀座にアロハシャツとスケートボードで登場したり仕事場にスケートボードランプを作ったりと自分の周りをすべて遊び場にしてしまう才能は相変わらずのようだ。今回も一緒に波乗りをする機会があったが、わざと同じ波に乗ると思いっきり近づいてきていきなり私のボードに乗り移ってきたので二人で派手に転倒した。

yoji-hiro.jpg
人生長く生きていると一生付き合いたいなと思えるような男にぽつぽつと出会うわけだが奴も確実にそんな中の一人だなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで