貝殻と話せる耳を持ちなさい

毎年忙しい8月だがこの夏はスタンダップパドルにトライしたがる人が多い。最近では日本でもちょろちょろ見かけるようになっているのだろうね、問い合わせも多い。そのお客さんが年配の方の場合は「コアバランスが鍛えられ健康に良いですよ」と勧め、女性の場合は「私は初めて3ヶ月で5キロもやせましたよ」と自分の経験を語ると食いつきが良い。けっこうビジネスマンでしょ。笑

自分のビジネスが忙しくなる事は嬉しい事だがそれ以上にいままで海と縁のなかった人がSUPを通じて自然と関わりを持つようになることはもっと嬉しい。町の生活ではさんざん酒を飲んで姉ちゃんと遊んでも千鳥足でなんとか家路にたどり着くことができるだろうが、海で遊ぶ人は波の状況、風の状況、潮の流れ、干満、透明度などの状況をすべて自己判断して遊ばないと家に帰れなくなっちゃうから人間が鍛えられるのだ。

毎日台風のような風の吹くマウイ島で小さなボートを操船していた頃は天気図にも目を走らせていたが、それ以上に西マウイ山にかかる雲の高さや流れる早さ、遥か遠くの水平線の凸凹等で海の状況を判断し、行くポイントを決めていたが、毎日迫ってくる白波と時間との勝負だった。そして昼に家に戻ると潮まみれになった身体にビールを3〜4本流し込み、読書をしながら昼寝という生活を続けていたので傍目からはなんて優雅な生活だろうと思われていたかもしれないが、あれはあれで結構神経が張りつめていた日々だったのだよ。その証拠に今でも何ヶ月に一度は自分の船が浸水して沈没寸前になる夢を見る。

なんだか何の話をしているのか分からなくなってきたが、まとめるぞ。

つまり今まで自然と関わっていない人たちが海のスポーツを始めると海が自分たちのグラウンドになる。するとそこが汚れたり汚されたりする事は不快なので自然とゴミなども捨てなくなるだろうし時が経てば多くの日本のサーファー達のようにビーチのゴミなども自主的に拾いだすだろう。さらに言ってしまえば今まで漁師さんたちのもののように誤解されていた日本の海や川も実は国民みんなのものだと気付き始めるだろうし、ここの川で泳ぐな、海で泳ぐな、などと勝手に官僚に決められてしまった矛盾したルールにも「なんでやねん!」と声を上げ始めるだろう。そのためにも自然と遊ぶ人たちがもっともっと増えてほしいね、Power To The 海Peopleだ。ゴルフやテニスやボーリングじゃだめなんだよ。

7年ぶりのリピーター、勝俣ファミリー、全員SUPにトライ。これをきっかけに海で遊ぶ人になってくれるかな?
P8150026_20120817112040.jpg

そして下2枚は小室ご夫妻。去年SUPに初トライしすっかりはまり、今ではボードも買い毎週のように葉山で漕いでいるらしい。1年でお二人の上達にびっくり。
P8160034_20120817111925.jpg

コムロ旦那は波に乗っても余裕だが、惜しくも指がシャカじゃなくキツネさんだー。
P8160036_20120817112039.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小さい船ってアロハカイですか?

初めての書き込みです。2002年7月ころににダイビングツアーに参加しました。あの時はアロハカイという船でモロキニ島に3回くらい連れて行ってもらいました。ヒロさんはリラックスした船長ぶりで、全然神経を尖らせてるような感じじゃなかったですよ(笑) SUPはやりませんがサンフランシスコ、サンタ・クルーズでサーフィンを15年くらいやってます。おっしゃるとおり、海で遊ぶ時の状況判断は本当に大事ですよね。私も何回か怖い目に会いました。今度マウイに行くときは子供を連れて行きますので、ダイビングよろしくおねがいします!

No title

コシオさん、メインランドからの書き込みありがとうございます。2002年ですか。10年前ですね。小さな船のアロハカイはもうありませんが、またご家族で遊びにきてください。ウェットなしのサーフィン、気持ちいいですよ!
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで