マウイ島のクジラ渋滞

本日はカアナパリ方面で3名のダイバーのガイド。皆様学会でマウイに来ている医療関係者の方らしく頭がよさそう。ただのサーファーダイバーの私はボロを出さないように頑張ります。

2人がCカード取得以来初めてのファンダイブと言うことでわりかし簡単なカヘキリビーチパークをご案内。透明度は20m+でよいダイビング条件でした。ここでショアブレークがないってことはホノルアもきっと波無いだろうなと邪推な事を考えてました。

クジラの声を水中で聞きながら無事に1本目が終わったと思ったらかわいそうに女子1名が波酔い。続くマラランプの2本目はキャンセルでダイバー2名のみ。西マウイ山は結構雨が降っているのだろう、手前は川から流れてくる泥で茶色くなっていたが潜水する場所に行くと透明度も抜けてきて15m+。いつものように沢山のカメ、ホワイトチップ(サメ)やフットボール大のカエルアンコウを見せ、さて帰りましょうと浮上。すると川から海に流れる泥水がいよいよ勢いを増し、水面移動をするもなかなかエキジットポイントに近づけない。「はーい、みんながんばって」と励ますもののゲストの二人はなかなか来てくれない。これはダイビングの教科書に出てくるリップカレントそのものなので、流れを横切るように防波堤の岩場近くに誘導し男性は脚力があるのでそのまま防波堤をよじ登り無事生還。女子1名は私が背中からファーストステージを掴み海の中を引っ張りながら無事生還。無理ならピアを回り込んで反対側に出ればよいなと最悪のシナリオは考えていましたが、どうやら大丈夫でした。こうやってたまに海の神様にドキッとさせられハンブルになる事も私には大事です。

無事にホテルに送り届け我が家に戻ろうとするとラハイナからクルマが大渋滞。事故でもあったのか、はたまた工事でもしてるのかとラジオをかけ妻に電話し情報を探るが、手がかり無し。ドライブスルーで買ったマックを食いながら徐行スピードでちんたら運転しオロワルに近づくと道路のすぐ脇の海上で親子のクジラがのんびり胸びれを出したり尾びれを出したりして遊んでいる。その場所に釘付けになりクルマを無理矢理停めたり超スローで運転したりする観光客達。なんだよ、またクジラ渋滞かよと呆れるが怒れない。つーかマウイらしくて笑ってしまう。

私もカメラを持っていたので運転しながらノーファインダーで1枚だけ撮ってみました。左下はサイドミラーね。

DSC_4915.jpg
尾びれと胸びれが出してのんびり横になるクジラ君。とほほ、キミが渋滞の原因だったのかよ。

その場所を通り過ぎるとクルマは嘘のように動き出しいっきなり60マイルだぜ、ベイビー。でも反対車線はかわいそうにずっと渋滞が続いてましたとさ、チーン。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ホノルア行ってきました。
セットで腹くらいだったので、人も少なくてよかったです♪
おまけにウミガメに遭遇し、クジラの上半身ジャンプも見れました~

ヒロさんのブログみたらマウイに帰りたくなりました。あぁ~、クジラさんに会いたいよ~。
クジラ・エピソード、待ってます♪。

No title

ヤギンチョ、ホノルア遊べるんだ。岡君に今朝そのこといったら行ってみるってよ。情報ありがとう。

イサママ、この時期雌クジラが減りだしてヒートが活発になりだしてます。
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで