葉っぱ

息子の15年落ちのおんぼろトラックが二千ドルで売れたので、カナが長年乗っていたマツダのMPVを息子に同じ値段で売った。サーフガイドをやっているカナのクルマも20万キロ以上走っていて最近エアコンも壊れたのでお客さんを乗せるクルマにはちとぼろくなりすぎていたのでちょうど良いタイミングだ。

そんなわけでこの1週間ほどクルマショッピングをしていたのだがどれも帯に短しタスキに長し。条件としてはロングボードが中積み出来ルーフに積むときに楽なように屋根が低くさらに島中波を追いかけて走るので燃費の良いクルマだ。候補としてはトヨタのプリウスとサイオンかなと思っていたのだが、一人で二人の客にクルマを売ろうとするマウイトヨタのフィリピーノセールスマンの態度の悪さに呆れてしまい試乗もせずにその場を後にした。

その隣には日産のディーラーがある。「ちょっと冷やかしていこうか」と中に入ると奥様が日本人という落ち着いた年配のアンディさんという人がゆっくりと丁寧に電気自動車の説明をしてくれる。ガソリンがかからないのはいいなと思っていたのだがきっとタラタラした走りなのだろうとタカをくくっていたら試乗してびっくりした。ホイルスピンも出来そうな加速とコーナリングじゃないか。ま、妻のクルマなんですがね。

でも小さそうに見えるので「ロングボードは入らないかもね、プリウスは10フィートまで入るけど」というとセールスマンが「プリウスに出来るならリーフだって出来るはずだ、ちょっと巻き尺を持ってくる」といきなり熱くなったので面白かった。席を倒しフロントガラスの手前から後ろのドアまで測るとこちらも10フィートくらい入りそうだ。我々も驚いたがセールスマンも驚いていた。

「これでハレアカラ山頂に行ける?」と聞くと「ぎりぎり行けるけどオススメしない」と言ってました。でもまあ普段使いなら何の問題もなさそうだ。ハレアカラやハナに行くときは私の5400CC のトラックでブブンブブンブンと行けば良いじゃないか。そして値段を聞くと国からの助成金があるのでプリウスより安い。毎月の返済370ドルは毎月使っていたガソリン代+100ドルくらいか。

んーん、悪くないね、これにしようか。ただし白じゃあまりにも毒がないので黒が良いと我が儘をいったら(ま、妻のクルマなんですがね)約束通り昨日船に乗って真っ黒な日産リーフが到着しました。その間に我々は家のガレージを掃除してトラックいっぱいのゴミを片付けクルマを車庫内保管できるようにした。そうしないとコードが届かないのでチャージができないのだ。
IMG_0548.jpg

引き渡しの前に電気自動車に関するいろいろな説明を1時間ほどアンディさんに聞き、日産ディーラーを後にした。

妻が新車を運転し私はトラック。で家に帰る途中に電話が鳴った。「コストコで買い物をした後エンジンかからないんだけど」「そんなことを言われてもわかんねーよ、アンディさんに電話して聞け」と。原因はどうやらパワーボタンを2度押してしまったのでアクセサリーになってしまったとのことだが訳わかんねー。というわけでみんな慣れるのに2週間くらいかかる難しいクルマらしいですが、さっそく妻はその車でラハイナ方面にサーフガイドに行っています。

P4180003.jpg

P4180006.jpg
とりあえずワンコ達に汚されないようにポスターでプロテクト

P4180015.jpg
初のチャージ、なんだか面倒くさいなと言うと「携帯電話と同じじゃん」と妻が言う。確かに。

いやこのクルマ実際どうなんでしょうかね。半年も乗れば結論は出てくるだろうけど平坦な場所に住む島人には良い気がするなあ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで