スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

譲れない豚はただの豚だぜ。

昨日は1日休みだったので朝一地元のコーブでサーフィンをしてから家に戻り犬の散歩、朝食とメール仕事をちゃちゃっと終わらせゆっくりと第2ラウンドはラニオポコ。いろんな筋肉を使いたいので第2ラウンドはSUP。しばらく真ん中の人の少ないブレークで遊んでからヨッシェーのいる右のブレークに移動すると珍しくほっぺをプクッとふくらませて「もうこのピンク豚最悪」と怒っている(怖くないけど)。確かにハラのプクッとした推定体重120キロはありそうな大きなピンクのボードに乗ったスタンダップオヤジがいる。話を聞くと1本乗って次来た波にヨッシェーが乗ろうとするとインサイドから戻ってきてクルッとボードを回しまた波をさらってしまうらしい。動ける豚なのだ。たまにヨッシェーが乗ると後ろからホーホー言ってくるらしい。彼の様子を見ているとサーファーのことなど気にせずすべての波に乗りたがっている。

私がヨッシェーと話しながら彼を無視して数本波に乗っていると知らぬ間にいなくなったが、ピンク豚め、シャワーの前で早歩きして俺の浴びるシャワーにドロップインしてきやがった。もう一つノズルはあるのだがそっちの方が水の勢いが良いんだよ。見ない顔だがピンク豚そんなことも知ってたか。

まったく紅の豚になれないピンク豚め「譲れない豚はただの豚だぜ」

彼が帰った後はいつものメンバーで最高の時間。ビールを飲みながら仲間達のサーフィンを見学していると、知らぬ間に一人消え二人消えポイントは一人だけになっている。しかも彼はハイクのJ君じゃないか、とてもメローでよい奴だ。もうビール2本飲んじまったが見ていると楽しそうだしジェリーさんが「悩むなら入りなさい」と言っていたのでロングボードを担ぎもう一度海に入ることにした。1日3ラウンドなんて久しぶりだね。

丘じゃ世界チャンプのディノが見てるしヨッシェーはカメラを構えている。こいつは一発決めてやるかと待っていると絶好のセットが入ってきた。よっしゃーとパドルを開始しボードに乗ろうとするとズブッとノーズが刺さりポーンとボードが天に舞い上がった。とほほほ。

陸に上がると優しいディノが「That's OK HIRO, everybody pearl」と慰めてくれたがしっかり見られてたのね。幸か不幸かヨッシェーは私のカメラの操作が分からず米粒ほどにしか映っていなかった。

この日私の撮った数枚の写真です。

DSC_0620.jpg

DSC_0635.jpg

DSC_0679.jpg

DSC_0672.jpg

DSC_0680.jpg

DSC_0852.jpg

今日日本に旅だったミランダファミリー、楽しんでください!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。