函館からニセコへ(4月12日)

4月12日は佐々木夫妻がクルマでニセコまで送ってくれるという。アナログな彼らはもちろんカーナビなどは使わない。昔ながらに地図帳を囲みみんなで旅の打ち合わせ、それもまた楽し。

P4100155.jpg

途中大沼という美しい国立公園による。ここは「千の風になって」誕生の地とのこと。作者は目の前の美しい景色を見てあの曲を生み出したそうだが、山の突起を見て「横たわる女みたいだな」とつぶやく私に「あんたは逆立ちしてもあんな名曲は作れない」と妻からのキツイ一言。
P4110030.jpg

P4110023.jpg

美しい公園を軽く散歩してから長万部で名物のカニ弁当を買う。ちなみにオシャマンベという地名は妻は読めなかったが私は何故か読めた。どうしてか分からなかったのでググるとやはり由利徹がギャグでオシャ、マンベと遙か昔に流行らせてたんですね。

長万部名物カニ弁を数十年も作っている長万部駅側の本家本元で購入、テイクアウトして近くの道の駅で食べた。おいしいのだが量が少ないので、その後菓子パンを三つ食べたらみんなにあきれられた。今回は食の旅なのでこれでよいのだ。
P4110033.jpg


途中水芭蕉などを探しながら北海道の冬から春になる景色を楽しみつつニセコに向けてドライブしていくと右手に美しい羊蹄山の出現。約二千メートルほどの富士山そっくりなこの山は別名蝦夷富士とも呼ばれているらしい。函館から3時間ほどでニセコ町に到着。いきなり英語の看板や外人の姿が目立ちだす。特に20年以上前に毎年のようにスノーボードで通ったヒラフはもうビルだらけの外国のようになっていて驚いた。

目指す宿を苦労して見つけた。ペンションプリオ、元マウイ住民のカオルさんとフランス人のイザベルが経営している。彼女らはマウイの和太鼓クラブで出会い、二人でニセコに一軒家を買ってこのB&Bのビジネスを3年ほど前に始めた。ゲストは外国人が多くそれなりに大変らしいが冬以外はそんなに忙しくないとのこと。

P4110041.jpg

P4110044.jpg
久しぶりの再会、まずは近所をワンコを連れて散策。

ヒザを怪我してスノーボードが出来ない私は何をしようかと思っていたが、この美しい雪景色の中ならカメラ片手に散歩するだけで充分楽しい。それにイザベルもフォトグラファー、いろいろなフォトジェニックな場所に連れて行ってくれると言うから楽しみだ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで