カナブンの誕生日


6月9日のカナの誕生日当日はもうすぐ日本に行くアヤちゃんとルミ子に昼食に招待されたのでワイルクのティファニーで合流した。いつものように馬鹿話に嵩じていたら、いきなり大勢のマウイ女子軍団が大きなケーキを持ちハッピーバスデーカナと大声で歌いながら入ってきたのでビックリ、見事にサプライズに引っかかった。

dive - 1 (8)

今では小さな子供を持つ日本人ファミリーが多くよく一緒に子供達同士を遊ばせているようだが我らの頃はそんな日本人ファミリーは少なく(それこそウインドサーファーの故飯島夏樹君ファミリーやわずかな日本人ファミリーと交流していたくらいだ)子供達はアメリカ人と遊ばせていたので文化の違いから何かと気苦労も多かったが(子供を一緒に風呂に入れさせるだけで怒られる)今は良い時代だ。ま、そんなママ友たちの先輩としてカナは慕われ、私にしたらこのへんの子供達はみんな孫みたいだ。

そしてもちろんサーファーおばば軍団達も何人か集まってくれた。「平日の真昼間によくこんな怪しいバーに集まれるねー、みんな仕事しろよ」っていったら「そりゃあんただよ!」と返す刃でばっさり切られた。

dive - 1 (9)

おばば達の話は延々と終わることもなさそうなので私は子供達とビリヤードで遊んでました。
dive - 1 (10)
日本だと布が痛むからと子供達にはやらせてもらえないがローカルバーは子供に優しいね。

dive - 1 (4)
はい、アホで素敵な仲間達

翌日にはヒロオサの家で小さな誕生日パーティーを企画していたのでこちらももちろん決行。日本からノリが遊びに来ていてマウイのバンド仲間が集まってくれた。ヒロオサのすごいところは創作でパッパッと美味な料理を作ってしまうことで私は手伝うこともできずテーブルに座りながら酒を飲み「ふーん、すごいね」などと感心してるだけだがそこにカナが一品作ってきて登場した。

dive - 1 (6)


dive - 1 (5)
そして砂糖だらけのアメリカのケーキよりはるかに旨いバー子の手作りシフォンケーキ。中にはやはり彼女作の貝殻ピアスを埋め込んでもらってサプライズ仕掛け。「スヌーピーの下に埋まってるからね、こう切らなきゃ駄目だよ」と内緒で厳しい講習も受けてきたのだ。
dive - 1 (11)

dive - 1 (13)
バーコ、ありがとよー。

この日は音楽の話をしながらまったりと酒を飲む大人の夜でした。
dive - 1 (7)

とまあこんな感じでカナの誕生日は過ごしましたが素敵な仲間達に慕われ幸せなやつですね。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで