日本はいい国だなぁ。パート1

10日間の日本旅行からマウイに戻ってきました。今回の日本はいつもより短くそのぶん忙しかったのですがやるべきことを全部やった充実感があります。最初の4日間は看護施設に移ってしまった母の部屋の掃除。膨大な量の服や着物があり45リットルの半透明プラスティックバック200袋くらいは処分したでしょうか。着物の方は査定屋さんに来てもらいましたが値のつくものはほとんど無く、かといって捨ててしまうのは惜しいので文学座の衣装部の方に引き取ってもらうことにしました。

汗にまみれせっせと仕事をしていると昔の思い出の品や写真などが出てきて手を止めてしまうのですが、この歳になるとあまりセンチメンタルになることもなくほとんどは潔く捨てられるのですが、なかには捨てられない品もいくつかあるわけで嬉し恥ずかし過去の断片を少しだけ残してあります。

PB220001.jpg
親父さんカラーテレビを買いたくてしょうがなかったのだろうな。人工頭脳カラーテレビだぜ。

PB220002.jpg
横浜人にとっては懐かしのドリームランド。

空いた時間には自転車で近所を散策、私が小学生の頃遊んだ海は埋め立てられ無くなってしまいましたがおかげで国道16号線の渋滞が緩和され快適な自転車道路もできた。これも時代の流れですね。

PB160022.jpg
アグレッシブな国から来ると日本は優しくて清潔で美しい国と感じます。

PB160028 (1)
妻が息子を後ろに乗せてブイブイ幼稚園まで通った道。

PB160018.jpg
目の前の水族館で働いてた時はボートで通ったりしてたっけ。よくここでウインドサーフィンやウエイクボードをやりました。


今回の任務がほぼ終了したところで箱根の同級生の宿に妻の母親を連れて行き小さなバケーション。旨い食事に舌鼓を打ち紅葉に色づく庭を眺めながらのんびり温泉につかりながら人生を考える。この前まで子育てに追われていたかと思うと今度は親の心配、それが終わるころは自分のメインテナンスも大変になっちゃうんだろうね。順番ですから人生できる時に楽しんでおかなくちゃね。

DSC_0278.jpg

DSC_0294_201511240650377f3.jpg

DSC_0299.jpg
しばし海も波のことも忘れ、箱根のお山はひたすら目に優しい。


日本も残すところあと数日となったとき何気なくバニラエアーの料金を調べると奄美大島まで片道9800円となっていた。「行くか?」「行くべ!」と急遽妻と二人で奄美大島まで2泊3日の旅行に旅立ちましたとさ。

つづく、、、。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も11月初めに実家に戻り、亡き母の荷物とガラクタの整理をしてきました。
机、タンス、ベッドなど素人では無理なので、業者さんに依頼したのですが、
2日がかりの大仕事になりました。
自分も65歳を過ぎたら、身軽になろうと痛感しました。
その前に、終の棲家をどうするか・・・
田舎を出た我が身は根なし草のような感覚です。

No title

マコトさん、本当に身軽にしておくのは大事なことだと痛感させられますね。終の住処、、私も引退後は物価の高いこの島は無理そうなので探している旅の途中です。暖かくて波が良い島。笑

No title

ドリームランド、なつかしー♪

No title

懐かしいよな。門の兵隊さん笑わせようと必死になってた。
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで