奄美大島2日目〜3日目

ダイビングが終わりマナの家のシャワーを借り地元の人が誰でもいくというビッグ2というディスカウントショップまでドライブ。焼酎のサンプルがあるので色んな種類をゴクゴク飲んでいると係りの人が出てきてしまった(汗)。ジョニーが「ヒロ、見てみろ」というボトル!

amami2015 - 1 (42)
おおー!


買い物帰りに小学校まで子供達を迎えに行く。すっかり奄美訛りの日本語をしゃべるクウイポ(通称チタ)にびっくり。マナもクウイポも周りの仲間と溶け込み楽しそうだ。若いサーファーママのような人も多くなんだかマウイに似ている。
amami2015 - 1 (30)

amami2015 - 1 (29)
クウイポはママが大好きですぐにちょっかいを出すジョニーを嫌う(笑)。

夕方に宿まで送ってもらい島の夕飯を食べながらいつもの飲んだくれパーティー。今晩は親父さんがワインを開けてくれみんなに注いでくれたが誰に請求されるかわからないのでみんなビクビク(笑)。我々は10時に寝たがみんな夜中の1時過ぎまで飲んでいたらしい。すごいなー。たまたま宿に我がファミリーが載っている昔の雑誌があったので付箋をつけられてしまった。

amami2015 - 1 (34)


翌朝、奄美3日目、少しだけ波は昨日より上がっているが腰くらいか。ワンピークにすでに10人近い人が入っているので今日もパスかな。マウイアンは波に贅沢ですんません。日本滞在中に国際免許が切れてしまいレンタカーを借りられないのでマナに相談し車を貸してもらう。持つべきものは友だ。この島ではマングローブが有名らしくその中をカヤックで行くツアーが面白そうだ。これもマナのサーフ友達がガイドをやっているそうで電話をしてもらい話はとんとん拍子。

しかしこの島は軽自動車とトンネルが多い。マウイではちんたら運転しているとすぐに煽られるがこの島はスローアイランドで誰も煽らない。7〜8人で国道沿いの雑草を清掃している姿に感動する。マウイでは大きなトラックが体に悪い除草剤(ラウンドアップ)をブワーとまいてそれでおしまいだが、なんでも効率的にやればいいわけじゃない。犬がその草を食べるのでやめてほしいのだ。

マングローブ公園に到着しガイド君に電話をすると数年前にマウイに来てカナの会社(マウイデイズ)に宿をお世話になったのですと挨拶される。彼の名は川内君、川のガイドにピッタリの名前だがマウイではホキパとビッグレフトに入ったというからサーフィンもそれなりの腕前なのでしょう。奄美ローカルらしくゆるーい感じで我々+10名ほどをマングローブの林に案内してくれる。

はじめにカヤックは一人乗りか二人乗りが良いかと聞かれるので「二人乗り」、そして前か後ろかと聞かれるので「後ろ」と答え、ずっとたくましい奥様に漕いでもらいました。笑

amami2015 - 1 (43)

amami2015 - 1 (44)

amami2015 - 1 (48)

amami2015 - 1 (46)

奄美の美しいマングローブは西表につぎ日本で2番目に大きいらしいです。途中で立って漕いでたら真面目な奥様に怒られましたが次回はスタンダップで海まで出たいものであります。

結構自由に漕がせてくれて川内君、ありがとう。

途中グスクというポイントをチェックしマナの家に戻り空港まで送ってもらう。帰りのバニラエアーは順調で時間通り。成田から東京駅までバス、そこから電車で横浜の実家に着いた時は11時近く。さすがに疲れたが明日は最終日、やるべきことはまだある。

amami2015 - 1 (47)

NO BAD DAYS! Amami I shall Return.


つづく。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで