Aloha Nalu

1月2日ミニチュアダックスのナル永眠。享年12歳

毎日朝夕2回の海散歩

いっぱい一緒に走ったな。

SUPやロングボードでタンデムもしたな。

岩場のカニをいつもハントしてたけどウツボにはやられたな。

ピットブルに噛まれてブンブン振り回されたときはゴールデンレトリバーのジンボが助けてくれたっけ。

写真を撮ると動きが速すぎてなかなかピントが合わなかった。

海を泳ぐときは尻尾をブンブン振り回しながら泳ぐのでみんなに笑われてたな。

そんな君がいつしかジャンプも早い動きもしないようになり

1日の中で眠る時間が増え落ち着きだしたのはこの2〜3年のことか。

それでもストーカーのように私の行く場所行く場所についてきて

ベッドにゴロンと横たわる「わーい昼寝だー」と暑いのにかならずどっか肌の触れる場所に添い寝にきたっけ。

そんなナルに半年ほど前から目の上にくぼみが出来、

それが脳を圧迫しだしたようで次第に身体半分の筋肉が動かせ無くなってきた。

昨日は歩くこともベロをしまうことも難しくなり

どこか痛いのかずっと夜中に泣いていました。

そして本日、回復は難しいとドクターに言われたら眠らせる決心もして獣医へ。

家を出る前に息子にことの次第を話すと泣きながら「DON'T DO IT, HE CAN MAKE IT』と辛い言葉が突き刺さる。

「ナルはずっと俺とマミーが面倒見てた。お前たち以上に辛いがナルが苦しむのは見てられないので俺たちに決断させてくれ」とテキストするとしばらくして「OK」のテキストバック。

そして嫌な予感通りドクターからは回復は難しいの診断。痛みもなく眠るようにあの世に行かせてくれる注射に同意。近所にいる娘に連絡するとすっ飛んできてナルが眠る前にずっと撫でながら大粒の涙を流していました。

「俺たちも苦しみ出したらこんな風に楽にあの世に送ってくれよ」と娘に伝えると嗚咽。

無償の愛は教会の説教より犬と暮らすことにより理解しました。そして我らに死というものの辛さも教えてくれました。

獣医からの帰り際に妻と一緒にプルメリアの花を拾い段ボール箱に横たわるナルの周りに敷きつめました。

最後に息子に姿を見てもらい、明日にはお別れです。

1-02-16 - 1 (1)

ALOHA NALU、12年間楽しかったよ。

虹のふもとでジンボやラジャによろしく。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるーーーー!!

なるー!!いつも元気一杯で、ジンボの周りをピョンピョン跳ねてるイメージが消えないです。さみしいなぁ。幸せなライフだったね!

No title

じゅりありがとねー。俺もナルのイメージはゴムまりのように元気なイメージばっか。今日何人の人が涙してくれたことか。奴は間違いなく幸せだったよ。

そうだったんですね?知らなかった、、、悲しいけどヒロさん、カナさんの英断に敬意を表します。今頃、ジンボと駆け回ってますね?R.I.P NALU.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

R.I.P Nalu. 犬の人生って短すぎますよね。
今は天国で楽しく走り周ってる事でしょう。
同じ歳のkapuがいるので他人事と思えません。。
悲しいです。🙏

No title

ヒロさん、お久しぶりです。
今、私たちもほとんど同じ状況なので
声をあげて泣いてしまうほど共感しました。
動物から教えてもらったこと、本当にヒロさんの言うとおりですね。
残された日が後何日あるかわからないけれど、大切に過ごしたいと思います。

大好きなマウイで同じ思いを体験しているヒロさんの
ブログを見て、何故かとても慰められた気持ちになりました。
ありがとうございました。

NALUは、ヒロさんカナさんのところでとてもとても幸せな一生だったと思います。

R.I.P. NALU

No title

windさん、そしてみなさん、ありがとうございます。多くの病んでいる犬を抱えている人は他人事じゃないでしょうね。いつも尻尾をくるくる回して跳ね回っていたナルの辛い期間は短くしてあげて良かったと思っています。弛緩剤を打たれ病院のベッドで眠るまでじっと我々を見続けていた彼は理解してくれていたと思います。彼のために多くの人がお悔やみの言葉をくれ花束を持ってきてくれました。まちがいなく幸せな犬でした。
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで