スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーダイブ!

実は去年の8月1日から40年間以上吸っていたタバコを止めた。しかし友人が持っていると1本ちょうだいとか言ってもらったりしてたので正確には買うのをやめたということか。それとともに20年ぶりに近所のジムにも通い出し時々自転車を漕いだり走ったりの有酸素運動をしている。昔は筋肉をつけるためにジムに通っていた時期もあるが今はただ健康のための有酸素運動と軽い負荷をつけたウエイトトレーニングを少しやるくらい。胸筋つけて腹筋つけてなどという気持ちは少しもなく落ちていく筋肉から逆らい現状を維持をしたいのだ。

大波好きの友人のタカが波に巻かれたときのために習いだした素潜りと水泳がかなりのレベルに行っているのは知っていたので、タバコを止めたのを機会に「そのうちチャンスがあれば俺にも素潜り教えて」と頼んでいたのが、それが昨日実現した。参加者は日本のWave SUP界のチャンプもっくん(本橋選手)とサーフィン界のレジェンドを父に持つサラブレッド阿出川じゅん君、それとマウイのBAD ASS岡崎友子嬢というすごいメンバー。そんな大波好きドM集団の中にホロホロ教の自分が混ざって良いのか?それに先日ジョーズで大波に乗ってきたモッ君とジュンくん、タカを交え男は全員ピアヒチャージャーじゃないか。俺だけコーブチャージャーでいいのか?笑

まずは1日前に学科。素潜りというのはとても科学的なもので空気の成分から人間の体、肺の構造、呼吸法、水圧の及ぼす影響等々正しい情報がいかに大事かを学ばせてもらった。これを知っているのと知らないのでは大違い。タカ曰く「健康な体であれば誰でもできるよ」ということである。そんなことをいいながら「横隔膜震えるまで頑張ってね」とか「それやってよく死んじゃうの」とか笑いながら言うのであいかわらずドMな男だ。ブラックアウトの直前まで行くとサンバといって体が無意識にピクピクしだすそうだが「明日はみんなサンバ踊ってください」だって。モッ君は日本チャンプなのに「重りの代わりに鉄の鎖をぐるぐる巻きにして引田天功やれー」とか「お嫁サンバ踊れー」とかみんなにいじめられかわいそうだ。笑

2-7-fd - 1
ふざけながらも先生はちゃんと教えてくれ、生徒はちゃんと聞いています。あやちゃんおしいしピザありがとう!

そして1日たちワイレアビーチに朝7時集合。海は凪いでいるがそのうちに前線が近づく予報。ポツポツとみんな集まり出しタカのカヤックに荷物を積み込み生徒の我々はフルスーツに着替える。その時点でタカのウエットを無理やり着込んだジュンくんの姿を見てみんなで大笑い。

jun.jpg
ノリの良い彼はその後木の前に立ちカモフラージュしてました。

そして腰に2キロの重りをつけ出艇。自分の体重が2キロ増えるだけでかなりふらつくがみんなは私より小さいボードなのに何食わぬ顔をしてお話ししながらずんずん先に行くしタカはカヤックでもうずっと先。でもまあマイペースで漕ぎながらなんとか合流。

2-7-fd - 1 (16)

2-7-fd - 1 (3)

2-7-fd - 1 (4)

2-7-fd - 1 (5)

約1.5キロほど沖合の海はそよそよと風が吹いてきたが、マスクをつけて下を覗くと一面ブルーの世界。試しに軽く潜るとクジラの声がすごい。
2-7-fd - 1 (20)

フロートから30mの深さにロープを下ろしエネルギーを使わないようになるべくキックではなく手でロープをたぐって潜っていく。潜る前には腹式呼吸をし自分のペースで一人づつ潜っていくのだが、ここで壁になるのが耳抜き、空気タンクを背負うスクーバに比べ自分の体内空気で耳抜きをするのでスクーバダイビングの耳抜きよりはるかに難しい。モッくんも友子ちゃんもこの辺が課題のようだがまずはタカ師匠が10mまで見本の潜りをしてくれる。

2-7-fd - 1 (19)

美しい。そして我々あんぽんたんダイバーズ。

2-7-fd - 1 (11)
友子ちゃん、よく見るとフィンが裏表逆のあいかわらずのサザエさん。

2-7-fd - 1 (15)
がんばれ〜

2-7-fd - 1 (9)
モッくんも耳抜きが大変そう

2-7-fd - 1 (10)
上がってくるとマスクがラーメン食い終わった小池さん状態でみんなで大笑い。

私は耳抜きさえ慣れているもののスクーバダイビングの癖でいつも息を吐きながら浮上してしまうのでタカ師匠から空気がもったいないの指摘。そのせいか自分ではもう少し潜れるかなと思っていたが10m止まり。昔は自己流ながら15m以上潜れていたのにやってないとだめですね。
2-7-fd - 1 (17)

2-7-fd - 1 (18)

すごいのがジュンくん、ほぼ初めてなのにゆっくり落ちついて15mほど余裕で潜ってました。そのくらい出来るとさっきまでみんなで笑っていたウエットスーツが似合ってくるから不思議だ。
2-7-fd - 1 (6)

2-7-fd - 1 (7)

2-7-fd - 1 (8)
見ているこっちが怖くなる。

そのうちに風が強くなりそれぞれ3トライくらいで本日の海洋実習を終了したが最後に師匠のタカが2分息を止め30mまで素潜りで行く見本を見せてくれました。美しいので動画をアップしました。


実は荒れた海の帰りが私的には一番辛かったがドMな人たちは自分のフィールドに戻ったように嬉々として逆風の中を漕いで行きました。私は立ったり座ったりレイダウンしてパドリングしたりなんとかたどり着きましたがいつもクリーンな海でしか漕がないからダメですね。

その後我が家でみんなで昼食会をしましたが、昨晩から止められていたビールの旨いこと。いやいや刺激的な良い1日でした。年下だけど尊敬できるタカいつもありがとう。そしてジュンくんもっくん、今週のサンセットの大会頑張ってください。そして愛がいっぱいで大波好きの友子ちゃんもありがとう。



こんなにいっぱいタカのこと持ち上げちゃうと奥方のあやちゃんが「生意気なー」とまた鼻息荒くするんだろうなー。笑

















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。