Roochoo Gumbo (琉球ガンボ)

カマさんの世話をした後は自分達のバケーション。沖縄本島に行ってきた。いつも離島ばかり行っていたので本島は20数年ぶりだ。ダイビングの仕事をしていると周りの外人インストラクターでさえ「お前慶良間潜ったか、すんごいきれいだぞ」とよく言われていたので今回はぜひ慶良間の海に潜りたかったのだが当日は強風で高速船が欠航。残念だがその分のんびりできたのでまあいいか。

寒い本土から脱出しハワイのようにTシャツとゴム草履で過ごす毎日は関節を緩め気持ちを日に日に楽にしていってくれた。現地ガイドをしてくれたコースケは沖縄の素晴らしい自然の中に連れて行ってくれたり一緒にサーフィンをしてくれたし田中のリッちゃんはオーシャンフロントの素晴らしい宿を提供してくれたし本当に感謝です。

今回気づいたのは新鮮な沖縄料理は本当に美味しいということ。地元の人が案内してくれたので全ての蕎麦屋もうまかったなー。

少ないですが数点写真をアップします。
IMG_1460.jpg

IMG_1503_20161109141849ab5.jpg

IMG_1553.jpg

IMG_1529.jpg

IMG_1585.jpg

IMG_1552.jpg

IMG_1483.jpg

IMG_1506.jpg

14906887_893741187427924_7531109315451192653_n.jpg

IMG_1560 (1)

沖縄いつ来ても楽しいやー。


https://youtu.be/OxKLRRGsVMs

真南 (マフェ) ぬ風が運ぶ香り
得 (え) も言わず心を焦がす
ヤマトゥンチュは いちころさ
その真南風 (マハエ) にゃ勝てぬ

渡海 (とけ) ぬ調べ カチャーシに酔えば
ウチナンチュの意気も見えるよ
ヤマトゥンチュは いちころさ
その真南風 (マハエ) にゃ勝てぬ

聞かせて 島の歌
馨 (かぐわ) せて 島の香り

「ヤマトグチは喋 (ア) びらんど
吾が胸内 (ムニウチ) は知らなそてぃ」
ヤマトゥンチュは いちころさ
その真南風 (マハエ) にゃ勝てぬ

「真南 (マフェ) から吹ちゅる潮風 (ウスカジ) に
心 (ククル) 寄 (ユ) したる この (クヌ) 想い」
ヤマトゥンチュは いちころさ
その真南風 (マハエ) にゃ勝てぬ

聞かせて 島の歌
馨 (かぐわ) せて 島の香り

聞かせて 島の歌
馨 (かぐわ) せて 島の香り

Words & Music by Haruomi Hosono ,1976

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで