FC2ブログ

アラスカの旅(後編)

翌日我ら一同はデナリ国立公園を目指す。多くの日本人はフェアバンクスでオーロラを見てこのデナリ国立公園にくるパターンが多いようだ。実際に行ってみると何組かの日本人らしき人たちも見かけた。

我々世代にはデナリというよりマッキンレー国立公園という方が馴染みやすいのだが1980年に改名されたようだ。北米最高峰のマッキンレー山を含む公園で日本の誇る探検家植村直己さんもこの山で消息を絶った。

公園内は自然保護のため一般車の通行は禁じられており、我々もチケットを買い裕福そうな年配ツーリストに混ざりバスガイドさんの説明付きツアーバスに乗り込んだ。多くの野生動物との出会いを期待している乗客にバスガイドさんは「ここはサファリパークじゃないから何にも出ないことだってあるのよ」とすぐに予防線を張った。私もイルカやクジラは見れますか?と期待しているゲストに「出ればいいけど水族館じゃないからねー」と同じような説明をするので彼女の気持ちは良くわかる。ずっと何も出てこなかったが最後にのっそり大きなムースの親子が顔を見せた時は彼女もホッとしてことだろう。マウイでも観光客満載の大型ボートが泊まる場所からは亀も魚も少なくなってしまうのと同じようにデナリーもこういうバスではなく自分の足で歩きキャンプなどをしたらもっと自然の懐に飛び込め野生動物なども見やすいだろう。

IMG_8293.jpg
語り方やジェスチャーがかなり演劇部入ってるレンジャーがアラスカの山小屋と自分がここに来たきっかけみたいなことを話している。

DSC_7144.jpg
彼女はネィティブエスキモーの暮らしを紹介してくれ素敵な先住民の歌も披露してくれました。

IMG_8371.jpg
帰りがけにのっそり歩いて来た野生のムース。母親ムースは子供を守るために後ろ足で立ち前脚で人を叩くことがあるので気をつけろと聞かされた。

IMG_8305.jpg
その晩はデナリのRVパークで一泊。コインシャワーを浴び各自のんびり。

IMG_8301.jpg
アメリカ中いろんな場所から来ているのでナンバープレートを見ているだけで楽しい。しかも大型バスほど大きなキャンパーに夫婦二人ってどうよ?ハワイで多いミニトラックなどは少なくここではフルトラックが主流。

IMG_8306.jpg

IMG_8302.jpg

DSC_7159.jpg
岡崎隊長、靴下にビーサンがよく似合う。

のんびりしリフレッシュした後はオンザロードアゲイン。今宵のねぐらは決まっていない。アンカレッジ方面に車を走らせながらどこかいい場所があったら適当に泊まろうというワクワクするロードトリップ。道路も走りやすく車も少なく景色は満点、天気も満点。

IMG_8368.jpg
すると運転席から「ヒロさーん」と声がかかる。前方をみると雄大なマッキンレー山(デナリ山)がいきなりドッカーン。夏の時期は雲がかかりやすくなかなか見えないと聞いていたのでラッキーだ。6190m、ハレアカラ山の倍、文句なく美しい。

DSC_7221.jpg

DSC_7175.jpg

IMG_8477.jpg
好きな場所に車を止めながらビーバーや野生動物を探す。

チェックしに入ったデナリ州立公園内のキャンプ場が一同気に入ったので今夜のお宿が決定。湖のほとりだ。それぞれ好きなことをして過ごす。

IMG_8467.jpg

IMG_8472.jpg

IMG_8460.jpg

IMG_8345.jpg

alaska - 1 (3)
多分アラスカの湖ではこういう乗り物、こういう格好が正しいのでしょう。裸族の我々を見てギョッとしてました。

IMG_8448.jpg

IMG_8447.jpg
久しぶりにドローンも飛ばしました。

alaska - 1 (5)
この湖畔のキャンプ場なかなか良かったです。

そしてアンカレッジに戻る前にマッキンレー山に登る登山家たちがベースにしているタルキートナという町に寄る。植村直己さんもここから小さなセスナに乗りベースキャンプまで行ったのだろう。アラスカ鉄道の駅もあり多くの観光客とおみやげ屋が軒を揃える。ブッシュパイロットと呼ばれるセスナの操縦士達が住む町でもある。
alaska - 1 (6)

alaska - 1 (7)

alaska - 1 (11)
この日は7月4日。タルキートナの町のパレードをビールを飲みながら見ていました。

その後町の歴史博物館へ。62歳からシニアディスカウントというので「あと半年」というとOKOKと笑いながらディスカウントしてくれました。目的の一つ植村直己さんのコーナーもしっかりありました。
alaska - 1 (9)

alaska - 1 (10)
マッキンレーの山のどこかに眠っている植村さん、きっと人望も厚く素晴らしい人だったのでしょう。合掌。

alaska - 1 (12)
この時はマウイ在住日本人が結集したのを思い出します。

alaska - 1 (13)
アラスカのブッシュパイロットなのだろうか。ローカルの人は大型犬を連れている人が多い。

タルキートナ、素敵な町でした。そして我々はアンカレッジの町に戻り最後の夜は私の希望で一度も食べてないアラスカンキングクラブを豪勢なレストランで食しました。
alaska - 1 (14)
私のカニはあなたのよりかなり小さくないかと文句を言っております。

その日は結婚記念日でお店からデザート、みんなからは素敵な寄せ書きカードをもらいました。
alaska - 1 (16)
私の腕はこんなに太くないと岡崎画伯の絵に文句を言っております。

店から出た時に見たアンカレッジ最後の夕日はとてもきれいでした。
alaska - 1 (17)
時刻は夜10時。

この夜は久しぶりにホテルのベッドでゆっくりと眠りました。翌日は飛行機の時間までみんなで自由行動。おみやげ屋を回ったりアラスカ観光局を見学したり。
alaska - 1 (23)

alaska - 1 (21)

alaska - 1 (22)
可愛いアラスカ観光局の建物

そして最後にパンダエクスプレスで中華料理をテイクアウトしアンカレッジ空港そばの水上飛行機の桟橋で食す。
alaska - 1 (26)

alaska - 1 (27)
飛べない豚はただの豚だぜ。

良い旅、良い酒、良い仲間。みんなありがとう!
DSC_7223_20180802074217edf.jpg

そしてA HUI HOU ALASKA
alaska - 1 (24)
ハワイからは思ったより近いアラスカ(6時間)今度はいつ来ようかとすでに心はときめいている。

ご愛読ありがとうございました。岡崎さんも早く書いてね。笑





















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで