Swim mith Jimbei

ちょっと前のブログに一番撮りたい被写体は小さなカエルアンコウと書いたが、それはウソで、ウソでというかあまりに運がないので諦めていたのが「甚平ザメ」の水中撮影。毎年サンクスギビングディあたりに来るのにいつも日本に行ってたり違う場所に潜ってたりとニアミス続きだったのですっかり諦めていたのだ。

今日のボートダイブはゼロのゲスト貸切でポイントも自由に決められる。この3日間風もなく海が凪いでいるので迷わずモロキニ島へ。クレーターの中に入ると周り中のダイブボートが興奮した表情でクジラとサメのハンドシグナルをしてくる。Whale Shark(ジンベイザメ)のサインだ、なんでもバンドウイルカと一緒にこの周辺で遊んでいるらしい。確かにちょろちょろとイルカの背びれが見える。

素直に喜べないのは今朝かなり悩んだ末、自分の水中カメラをワイドではなくマクロレンズをつけてきてしまったのだ。2本目にワイレアポイント辺りを潜り地味にアカスジモエビとかハワイアンライオンフィッシュとか撮りたかったんだよね。それがモロキニ島についたとたんジンベイだとぉ。このレンズじゃつぶらな目しか撮れないじゃんかよ。

ま、しかし1本目はイルカとクジラの泣き声さえ聞こえるもののやはりジンベイの姿は見えず、40mの透明度の中、いつものようにハワイの固有種などを指差しながらまったりとしたダイビングを終えた。そして私のカメラのバッテリーはそこで無くなった。

2本目はセンターリーフからリーフスエンドまでボートを少しだけ移動しモロキニ島にそのままスティすることにした。もちろんWhale Sharkとの遭遇を期待してだ。周りのダイブボートはみなどこかに移動して回りは我々だけ。休んでいるときに数回イルカが近づいてきたので飛び込んだりしたが水中で見れる範囲までは近づいてこなかった。遠くにはクジラの塩吹きが見える。

休憩を終え2本目のダイビング。軽くリーフスエンドを流しその後-22mのガーデンイールの砂地に皆を座らせていたとき、深場からゆっくりと静かな潜水艦のように真っ白なお腹を見せながら奴はやってきた。まるでBGMにはジョーズのテーマがぴったりな感じ。体長は10mくらいだろうか。
1-6-1.jpg

私はゲストにその場で待てのサインを出し、リピーターの坂本さんの水中カメラを奪い取り、浮上速度をある程度気にしながら甚平ザメを追いかける。お客さんに落ち着けといいながら自分が一番興奮しているのは分かっている。
1-6-3.jpg

やっと彼に追いつき尾びれにタッチするとクルーのエミちゃんがボートから飛び込みジンベイの背びれに捉まりながら一緒に泳ぎだしました。
1-6-4.jpg

私も軽くジンベイの身体を触ってみると確かに鮫肌でした。(ショック どこの爺さんの手かと思いました。)
1-6-8.jpg

実は私とエミちゃんは以前にも一緒に水中クジラを見ているラッキーコンビ。
1-6-6.jpg

いやぁ正月からいいものを見せてもらいました。もう今年の運、使い果たしちゃったかなぁ。

皆さん、この時期のマウイ島のボートダイブはワイドレンズにしましょうね。そしてバッテリーの充電も忘れずに。

カメラを貸してくれた坂本さんありがとうございました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

新年早々凄いですね。
ジンベイに会った事のない私にはこの
ショットはたまらないっす。

すっげ~!!!

ジンベエだぁ~!!!
美ら海水族館でしか見たこと無い。
羨ましいよぉ♪

おめでとうございます!!

HIROさん、おめでとうございます!!
もう、思い残すことはないでしょう!? (笑)
これでJimboにも言い訳がたちますね。

ジンベイの肌は気をつけないと、女性ダイバーで足が擦り剥けた人もいるそうです。

私もジンベイに会ってみたいな。(^^*)

ヒロさん、とうとう遭遇したんですね!
しかもタッチしちゃうなんて!!おめっとさんです♪
おっとご挨拶を忘れてた、今年もよろしくでぇす!(^^)!
モロキニでニアミスして悔し思いをした10年前を思い出しますよぉ。
あの頃は結構ダイバーだったなぁ。
今度マウイ入りした時はリフレッシュダイビングしちゃおっかなぁ。

アズサ、大ちゃん、フムチャン、遭遇まで20年かかりましたぜ。今年は何かありそうな予感がします。

コモちゃん、サーフィンも楽しいけどダイビングも違う意味で楽しいよ。リフレッシュしにおいで。


げげげ・・・

す!すごい!
ジンベェだ~。海遊館では何回も見たけど、
感動もんでしたよ~。
現物を直に出会えたら、感動をとおりこして溺れるかも・・いいなぁ。
オアフで何回か、ドルフィンダイブのツアーに行ったけど・・未だに出会えてません。やっぱりハートがダーティなんかなぁ。

ヒロさん超~すげぇすね!10mのサメですよ。ダイビングした事のない俺からすると、サメ=ジョーズですよ。微妙にうらやましい(笑)今年も一杯、良い話おねがいしましす。

先日はありがとうございました!

海がとても綺麗でしかもペーペーな私が見られてラッキーでした(^^)とても感動しました!親切にしていただきありがとうございました。また機会があったらよろしくお願いします。

オーーッ マイ ゴーーッ!

でました!見ました!ジンベイ鮫 オーーッ マイゴーーッ!ひろさんのガイドのおかげです。感謝!   2本目のダイブで、私とうちの嫁さん(ケイコ)、フミカちゃんのビギナー3人を引き連れて20mぐらいでマウイのあなご(ぼーふらの親方みたい)を見ていたときでした。第一発見者はうちの嫁さん(ケイコ)でした。上を見上げると始めは、ボートみたいでしたがそのうちボートに尻尾がはえてきて動きはじめエーーーっ!うそーーっ!                   そう、ひろさんが言ってるようにその雄姿は潜水艦のようでした。ゆっくりと近ずいてきて白い大きなおなかを見せながら・・・。大感激!鳥肌もんでした。
あの光景は忘れられない、私と嫁さんのお宝となりました。ひろさんありがとう!

いてきて   

ひろさんはスーパーマンのように飛んでいった

 パート2
ひろさんはジンベイ鮫を見つけると、その動きは凄かったです。私の水中カメラを奪いとるようにすると3人のビギナーをほったらかしにして(安全の為)、ジンベイに向かって飛んで行きました。そう、その姿はまるでクラークケントがスーパーマンに変身して、大空へ飛んでいく姿そのものでした。は、速かったです。普段、ひろさんはゆったり、まったりしてるけど、やるときはやるなーーと妙な感心をしながらその帰りを待つ3人でした。
  結果オーライ!水中カメラをひろさんに手渡して大正解!凄い写真がとれていました。この写真データは一生の宝物。我が家の家宝となります。新年のビッグなマウイからのプレゼント、ひろさん、ありがとう感謝してます。
 追伸
 上記の写真以外にもっと凄い迫力の写真があるのですがボートクルーのえみさんがあまりにも大股開きの為、ひろさんと私の協議の結果、映倫にひっかかる、もしくはモザイクの必要があると判断いたしカットしております。ご了承ください!
  この写真は私個人の、宝物とさせていただきます。あしからず・・・・・。







ノブサン、イルカは心の清い人に来るのよ、といういましたっけ?なんちゃってやはり運の強い人っているんですよね。

フミカちゃん、運の強い人は君だ。初めてのボートダイブで甚平ザメを見た人はなかなかいませんぜ。

棟梁、おひさしぶり!今度家の窓を全とっかえするの手伝いに来て。今年もヨロシク!

米屋のカズさん、楽しいコメントリありがとうございます。感動が伝わります。奥さんが最初に発見したとき、レギュレーターを通して「アッ」と叫んだのが聞こえました。感動でしたね。実は次の日も自分のボートを出して個人的にジンベイを探しに行ったんですよ(不発だったけど)。またコシヒカリと供にマウイに来てくださいね~。
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで