絶好のダイビング日和

今日のボートダイビングは快晴で無風、流れなしの絶好のコンデション。透明度も最近では一番よく40m近くみれたと思う。クジラもあちこちで見られ水中でもかなり近い場所にいるらしく彼らがブオンブオンと鳴くたびに身体が振動しそうになる。ボートに上がると案の定、30mくらい先に姿を現した。久しぶりに水中で会いたかったなぁ。


といっても今日は下のフリソデエビを撮りたかったので水中カメラは60ミリのマクロセッティングにしてある。クジラにあっても目くらいしか撮れないけどね。
1-10-9-2.jpg
美しいフリソデエビ、英名もハーレクィーンシュリンプといい、なんだか気高い。

ついでに庶民のメガネゴンベ、よくみりゃけっこうファンキーメークだぜ。
1-10-9-5.jpg

ボートダイブ後はマンタポイントへ。今日のゲストに「最近連続3回外してるので出ないかもよ」といったのだがそれでも是非行きたいというのでご案内。ところがぎっちょん、ポイントに付きダイブフラッグをしばりつけるまもなくマンタが3枚乱舞している。もう少し気をもたせて出現してくれればいいのにと思ったものの、私のプレッシャーはリリース。あとは1時間水中をゆっくりクルーズしながら合計7~8枚のマンタを見ることができました。しかしこのポイント、他のダイバーなどと会ったことないのに最近アメリカ人ダイバーの間にも存在がポピュラーになってきたようで今日もボートからビーチからたくさんのダイバーが潜っていた。毎日大型船からのシュノーケラーだらけでほとんどカメがいなくなってしまったマケナのタートルタウンのようにマンタがいなくならないか心配だが沖縄やハワイ島などのマンタポイントに比べればずっと空いているので大丈夫かなぁ?
1-10-9-9.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハワイアン・ハーレクィーンシュリンプ、きれいですね。
日本やミクロネシアで見かけるフリソデエビとは色合いや雰囲気が違いますね。

フムちゃん、手元に図鑑がないので保証しかねますが固有種では無いとおもいます。パラオからの年賀状ありがとうございました。

今日、日本は休日です。
ググッてみて岡山理科大のサイトを発見しました。
http://www.risen.ac.jp/animal/pet/aquatic_animal2008/index01.html

学名:Hymenocera picta
「以前はワインレッドの斑紋を持ったハワイアン・ハーレークインシュリンプをHymenocera picta、インド洋-西部太平洋に分布する青い斑紋を持った個体をHymenocera elegansと区別していたが、現在は統一されている」

色彩変異で、固有種ではなかったということでしょうか。
日本やミクロネシアで見かけるのは淡いピンク~薄紫系の斑紋ですね。

年賀状が無事届いて良かったです。:-)

私はマウイのフリソデエビしかみた事が無いのですが斑紋の色が違うのですね。フムチャン調べてくれてありがとう。
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで