SUP in Ikumi

今日は朝から晴天なので串本さんを誘い生美でSUP.免停中の彼に替わり15年前の渋いメルセデスの大きなバンを代わりに運転。もちろんマニュアルでサイドブレーキもあまり利かないが後ろにはロングでもSUPでも何でも入るディーゼルエンジンの可愛い車だ。

海に到着するとまたもや右手に無人のビーチが見える。波乗りをしに左側に漕ぎ出した串本さんと別れ私は一人でそこをチェック。真っ白な砂のきれいなビーチだ。浅い場所で小さな波が割れていたので一人で数本遊んだがやはりもの足りず、串本さんが遊んでいるコシハラのサーファーだらけのポイントへ移動。ビーチブレークなので人が少ない場所で待っていても5分に1本ほど乗れる波が来て楽しめた。なぜかロングボーダーは少なくインサイドに数十人ショートボーダーが散らばっていたが文句を言われることもなくニコニコとこの変な乗り物に乗る裸のおじさん二人を注目していた。天気もポイントの雰囲気も明るく波乗りに関しては一番楽しめた日かもしれない。

波乗り後「昼食でも食べましょう」と串本さんに誘われたのでヒコウセン(だったと思う)という喫茶店のような店へ。道路っぱたの立地条件とヒコウセンという名前にちょっと引いたが中に入るとコーヒーの良い香り。民宿の朝ごはんにやや疲れていた我々は店主のサイフォンで淹れるコーヒーを味わいボリュームたっぷりのパスタとトーストとサラダに大満足。これで850円なので驚きだ。常連の串本さんに店主が「この前も野田さんが来ましたよ」と話しかけたので、「野田知輔さん、この辺に住んでるんですか?」と聞くと「すぐそこ、遊びに行ったら喜ぶわよ。あの人人嫌いとかいわれてるけどこんな田舎で退屈してるから」と。行きたい気持ちは山々だったが見ず知らずの人にいきなり来られてもあっちも困るだろうとここは大人の判断。串本さんいわく野田さんはいつも色々なきれいなマネージャーを連れているそうだ。老いてますます盛ん、さすがです。

その後串本家へ行くと彼がもうすぐ仲間と東京でやる「The Surf Shop」というイベントのためにシェープした美しいボードの数々を見せてくれた。詳しい情報はこちらをクリック

6-30-9-21.jpg
ボード満載のメルセデスバンと貸して頂いたゴルフワゴン


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで