クルーズしようよ。

昨日から我が家のコテージにフラダンサー二人がチェックイン。彼女らはオアフ島のフラ大会に出場した後マウイ島にやってきた。大会では2部門で優勝というからたいしたものだ。えい出版に勤めるじゅんこちゃんは昔からの知り合いなので軽く歓迎BBQ。お腹は空いてませんといっていたくせにすげー食ってた。

9-22-2.jpg

サーフィンをする彼女らは今回SUPを試したいというので今朝早くから海に行って教えてきました。初めてなのに驚くほどバランスが良く、二人ともパッと立ち上がりほとんど落ちない。これはフラダンサー故の足腰の強さなのかバランスのよさなのか分からないが「本当に二人ともはじめて?」と聞いてしまうほど驚きました。いつものパターンだと一緒に海上散歩をしながらパドルの効率的な漕ぎ方や気付いた事をアドバイスしていくのだが、今日は波が来るとみんな乗ろうとしてしまうのでまとまらない。まぁ、私が先頭を切ってそんなことをしてしまうのでしょうがないのだが、何度「クルーズしようよ」と呼びかけたことか。「そんなこといっても波が来ると自分で乗ってっちゃうくせに」と彼女達も苦笑いしながらクルーズより波をキャッチする事に一所懸命チャレンジ。二人とも頑張って5~6本は波に乗ってたんじゃないかな。

9-21-3.jpg

ジンボが立てなくなったのを聞いて日本の友人達がカンパして立てない犬の為のサポートグッズを買ってくれた。一昨日に届いたのだが、ちょっとジンボには辛そう。試しに着せて二人掛かりで立たせようとしたが少し身体を浮かせようとするだけで「ぎゃぃーん」と私を噛もうとするほど痛がるので、残念ながらこれは無理。皆のお気持ちだけで十分です。ダンゴ、ユキちゃん、みっち、ミキちゃん、ありがとね。

9-21-1.jpg

多分ジンボが立つ事はもうないと思うがそれでも彼はまだ幸せそうに1輪車で散歩をし、車から好きな海を見つめています。私のブログを読み心配してくれた群馬のキョウちゃんがパピーの頃のジンボの写真を送ってくれた。
Jinb500.jpg
まるで天使のようだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うんうん!
そうだったね。
最初にジンボに会った頃を思い出します。
あのころはアナログのカメラだったから、アルバムを引っ張り出して探してみてしまいましたよ・・・。

ジンボは体長50センチもないくらいで、チョ~かわいかった。

我が家のクジさんと重ねてしまい、ちょっとウルウルきてしまいました。

イサナはジンボのことを知り早くジンボに会いたい・・・と『犬の十戒』をみて涙を流してました。

あー、、、ギャイーンと痛がっちゃったか、かわいそうに。ジンボ、ごめん。
でもお散歩の時のジンボの顔は生き生きしてる!
大丈夫。まだまだ元気な顔だよ!

そっかー痛かったかぁ。ごめんねジンボ。
犬はやっぱりお散歩が一番なんですね。ジンボの場合は海!
私はいつも駐車場からジンボと見てる側だったから、
写真見てキラキラお目目が全然変わってないなって思いましたよ。

それとじゅんこちゃんに宜しくお伝えくださーい。ジンボの心配一緒にしてくれました。

まきちゃん、イサは優しい子だね、間に合えばよいね。

ミキちゃん、彼はすべての関節が痛いと思われる。でも海とかつけるときがあれば重宝しそうだよ。

ユキちゃん、ジンボは歩けないけど食事もするし水も飲んでる、結構元気。僕達が帰ってくると尻尾を振って喜んでくれるよ。じゅんこちゃんに伝えておきます。

天使、そして愛のカタマリ、だね。
今もとってもいい顔。
無条件に愛されてる、ってよくわかる。
一緒に沢山いい時間を過ごしてください。

ハーネスを痛がるというのは関節痛なのかな?
何かの病気なんでしょうね。
ハーネスを付けて元気にしている犬もいるそうですから。。

きょうちゃん、写真ありがとう。ミーヤンとの2ショットも笑えました。「愛のカタマリ」という言葉、、最初に正にその言葉が浮かんできてキャプションにつけたんだ。ちょっと硬い感じがしたので「天使」にしたんだけどね。驚きました。

フムチャン、そ、関節はほとんどすべての老ゴールデンの持病みたいよ。彼は肉体の限界まで自分で歩いていたんだと思う。
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
FC2カウンター
リンク
プロフィール
みんな元気かい?

HIRO吉

Author:HIRO吉
マウイ在住無重力会社運営人
HPアドレスwww.zerogravitymaui.com
メールはzero@maui.netまで